ウリウリはGIスプリンターズステークスを勝つかも|CBC賞回顧

Pocket

先日行われたCBC賞は2番人気 ウリウリ が内から鋭く伸びて勝利

ほとんどの馬が外を通ったのに対して、
内を突くという肝の据わった岩田騎手の好騎乗が光りました。

初めての1200m戦でスプリント戦向きの走りをしていないために
不安視をしていましたが、この内容は見事でした。

これだけの走りが出来るなら、スプリンターズステークス、
高松宮記念でも、十分に上位馬と戦えます。

この内容なので、次走も1200mを使ってくるのではないかと思います。
その走りに注目ですね。

1番人気 ダンスディレクター は2着

能力はしっかりと見せた形で、末脚の破壊力は証明しました。

今回は差しが有利な中京という舞台でしたが
前が残るような競馬だと厳しい馬ですね。

安定して走るならもう少し前での競馬を覚える必要があります。
スプリンターズステークスなどは厳しいでしょうね。

3番人気 サドンストーム は3着

この馬も自分の走りは見せました。
最後ダンスディレクターに差されたのは能力の差と言えます。

GI4着の実績はありますが、G3で常に勝ち負けするレベルではありません。
枠順やコース適性をしっかりと見極めていきましょう。

今回は差し馬が台頭するレースになりました。
中京1200mは差し馬有利ですが、開幕週でも同じでしたね。

前にいった組では ベルルミエール が頑張りました。

一本調子なタイプなだけに末脚比べになると劣りますが
前から粘り込むのような競馬は得意で
コース次第では十分に活躍できます。

7着 トーホウアマポーラ も力は見せました。

今回は展開が向きませんでしたが、内容は悪くなかったので
サマースプリントシリーズのどこかでは好走しそうな雰囲気があります。

こういった馬は見逃せませんね。