2015CBC賞予想|リピーターが活躍する舞台で…

Pocket

今週の中京重賞はCBC賞

中京夏開催の開幕を告げるスピード勝負です。

過去の成績を見てみるとマジンプロスパー、ダッシャーゴーゴーなど
リピーターの活躍が目立つ舞台です。

中京1200mといえば、外枠の差し馬有利が定説ですが
開幕週という状況を見ても、今日のレース内容を見ても
大外から追い込むという競馬は難しそうです。

先行しないまでもある程度内で上手くレースできる馬を上位に取りたいですね。

本命は トーホウアマポーラ

阪神カップや高松宮記念では見せ場なく敗れていますが
基本的に夏のスプリント戦で真価を発揮する馬

近走の成績は気にしなくてもいいでしょう。
人気も手頃、枠もいいところに入ったのでこの馬からいきましょう。

以下の馬を選定するのは難しいので
馬券は単複で勝負をしようと考えていますが
本命以外の馬もコメントしておきましょう。

ウリウリは初の1200m、切れ味が鋭い馬で
差し馬が有利になる展開なら台頭はありますが
ポジション取りに苦労しそうな雰囲気もあり、今回は苦戦の予感。

ダンスディレクターも展開面では当たり外れはあるが
短距離に特化した追い込み馬で、スケールは大きい。
内をすっと伸びてくれば突き抜ける可能性もある。

ジャストドゥイングはまだ能力を証明できておらず
3歳という事で過剰人気の気配がある。

サドンストームは奇数の外枠
この条件なら開催が進んだ時に手を出したい。

こんな感じですが、相手を取るなら先行馬との行った行ったを狙います。

ベルルミエール、ワキノブレイブ、レオパルディナ、マコトナワラタナ

この辺りが絡めば大きな馬券になりますね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。