函館記念2023の大穴馬はコレ、荒れるレースの立役者を過去データから分析!

「ハーレム競馬」の予想は本物です。

何より無料予想がマジで使えます。
とりあえず当てたい!手堅く勝ちたい!とお望みなら、その目的は高確率で達成できるはず

5レースほど試して貰えれば予想精度を確かめられるので、この機会に是非お試しください。

LINE or メルアド登録だけで本日から利用でき、何回使っても費用はかかりません。

 

 

Pocket

今回は函館記念2023における穴馬が発生する傾向を分析していき
期待値の高い大穴馬を分析していきたいと思います。

競馬予想の参考になると思いますので、是非参考にしてください。

 

 

どうも、MOTOです。

夏競馬も真っ盛りで盛り上がっています。

どのレースでも的中を願ってやみませんが
やっぱり重賞は的中させたいものですよね。

そんな思いを実現させるべく、

”函館記念2023で活躍する穴馬の条件”

について、データを取ってみました。

是非、予想の参考にしてくださいね。

データを取得期間は2013~2022年
函館競馬場で行われたレースに限定して分析を行っております。
(札幌競馬場で行われた2021年も含めています)

それではさっそく行ってみましょう!

他の重賞レースの大穴予想については以下で確認して下さい。

(参考)【重賞年間一覧】レース傾向、荒れるレース条件(大穴予想)まとめ

今週の重賞で最も危険なデータを持つ
あの馬の情報はコチラから ⇒ 人気ブログランキングへ

 

【芸能人競馬予想 公式LINEが出来ました】

芸能人競馬予想の集計から最も確率(期待値)が高いと判断した予想を
毎週1鞍、厳選勝負レースとして公式LINEで公開しています。

無料LINE登録はココから

お友達登録、宜しくお願いします!!

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

函館記念2023で発生する大穴馬の分析

全体的な人気順別成績の分析

まずは函館記念の穴馬の成績を
単勝オッズ別成績から見てみます。

データは2013年以降の馬で成績を取っており
単勝15倍以上の馬でデータを取っていますが

単勝15倍以上の馬の成績は 【2.6.6.79】

複勝率は 15.0% とかなりの高確率

単勝15.0~99.9倍に絞ると 【2.6.6.68】

複勝率 17.1%

さらに率は上がっていきます。

ただ、過去10年で14頭が馬券に絡んでいる事から

1年に1回以上、単勝15倍以上の馬が馬券に絡んでいる

と言えますよね。

今年がその年かも知れないので
馬券考察からしても切り離すことは出来ないです。

という事で、馬券に絡める馬はどういう馬か調べていきましょう。

 




 

前走好走は不振

まずは函館記念における単勝15倍以上馬の
前走着順・人気別成績を見てみます。

前走1~5着 【0.0.1.18】
前走6着以下 【2.6.5.61】

複勝率に直すと

前走1~5着 5.3%
前走6着以下 17.6%

前走惨敗している馬が好成績を収めています。

前走1~3番人気 【0.0.0.10】
前走4番人気以下 【2.6.6.69】

複勝率に直すと

前走1~3番人気 0%
前走4番人気以下 16.8%

前走上位人気に支持されていない馬が好成績を収めています。

穴馬の条件をつけると

「単勝15倍以上、前走6着以下」
「単勝15倍以上、前走4番人気以下」

となります。

 

 

前走重賞戦経由の穴馬条件

続いて、函館記念において単勝15倍以上の
前走クラス別成績を見てみます。

前走重賞  【9.6.7.56】
前走OP  【1.4.2.67】
前走条件戦 【0.0.1.5】

複勝率に直すと

前走重賞  28.2%
前走OP  9.4%
前走条件戦 16.6%

馬券に絡んでいるのは前走重賞か前走OP特別出走馬だけなので
双方における穴馬の条件を探していきたいと思います。

 

続いて、函館記念において単勝15倍以上かつ
前走重賞出走馬の年齢別成績を見てみます。

4歳以下 【1.1.1.2】
5~6歳 【1.1.4.20】
7歳以上 【0.1.0.9】

複勝率に直すと

4歳以下 60.0%
5~6歳 23.1%
7歳以上 10.0%

年齢が若い馬ほど、活躍していることが分かります。

 

次に函館スプリントステークスにおいて単勝15倍以上で
前走重賞出走馬の前走距離別成績を見てみます。

同距離  【1.1.3.11】
距離延長 【0.0.1.9】
距離短縮 【1.2.1.13】

複勝率に直すと

同距離  31.3%
距離延長 10.0%
距離短縮 23.5%

距離延長ローテだけは苦戦しています。

穴馬の条件をつけると

「単勝15倍以上、前走重賞出走で、4歳以下」
「単勝15倍以上、前走重賞出走で、前走2000m以下に出走」

となります。

 



 

前走OP特別経由の穴馬条件

続いて、函館記念において単勝15倍以上かつ
前走OP特別出走馬の馬体重別成績を見てみます。

499kg以下 【0.3.1.31】
500kg以上 【0.0.0.15】

複勝率に直すと

499kg以下 11.4%
500kg以上 0%

馬体重の軽い馬が活躍しています。

 

次に函館スプリントステークスにおいて単勝15倍以上で
前走OP特別出走馬の前走上がり3ハロン順別成績を見てみます。

上がり5位以内 【0.0.1.18】
上がり6位以下 【0.3.0.28】

複勝率に直すと

上がり5位以内 5.2%
上がり6位以下 9.7%

上がり勝負のタイプは苦戦傾向にあります。

 

最後に函館スプリントステークスにおいて単勝15倍以上で
前走OP特別出走馬の前走上がり3ハロン順別成績を見てみます。

前走5番手以内 【0.1.0.21】
前走10番手以下 【0.0.0.15】

複勝率に直すと

前走5番手以内 4.5%
前走10番手以下 0%

極端な先行馬も追い込み馬も苦戦傾向にあります。

穴馬の条件をつけると

「単勝15倍以上、前走OP出走で、499kg以下」
「単勝15倍以上、前走OP出走で、前走上がり6位以下」
「単勝15倍以上、前走OP出走で、前走4角6~9番手」

となります。

 




 

函館記念における穴馬のまとめ

以上から分かる函館記念の穴条件は

「単勝15倍以上、前走6着以下」

「単勝15倍以上、前走4番人気以下」

「単勝15倍以上、前走重賞出走で、4歳以下」

「単勝15倍以上、前走重賞出走で、前走2000m以下に出走」

「単勝15倍以上、前走OP出走で、499kg以下」

「単勝15倍以上、前走OP出走で、前走上がり6位以下」

「単勝15倍以上、前走OP出走で、前走4角6~9番手」

今年の函館記念での穴馬候補は…

3項目以上該当 

4 ドーブネ
5 ヤマニンサルバム
6 ロングラン
7 ルビーカサブランカ
13 スカーフェイス
14 テーオーシリウス
スタッドリー(出走回避)
ブライドランド(出走回避)
レッドジェニアル(出走回避)

2項目該当 

1 イクスプロージョン
2 ユニコーンライオン
3 ハヤヤッコ
16 キングオブドラゴン
フォワードアゲン(出走回避)
レインフロムヘブン(出走回避)

今回のコラムでは 5 ヤマニンサルバム を穴馬に推します。

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

毎週トリッキーな馬を注目馬として挙げていますので

毎週チェックしてくださいね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

PR
根岸ステークス2024無料予想公開中!!

先週のAJCCはスマッシュヒット!!

◎中山11R アメリカJCC
三連複10点500円[33.2倍]的中
[払戻額]16,600円[回収率]332%

2023年秋の予想も絶好調でした!

◎京都11R マイルチャンピオンシップ
三連複10点500円[309.3倍]的中
[払戻額]154,650円[回収率]3093%

◎阪神11R 阪神JF
三連複10点500円[36.8倍]的中
[払戻額]18,400円[回収率]368%

全て無料予想で破壊力十分の的中!!

─────────────────────
2024年8~12月は毎月プラス収支を記録!!
━━━━━━━━━━━━━━

混戦の根岸ステークスも自信の買い目で公開中!!

5頭に絞って10点勝負の買い目!
あの人気馬を外して、爆発力十分の馬券です

是非、中身を見て確かめてください。

根岸ステークス2024予想は無料公開中なので、
以下をクリックして予想をチェックして下さい。

根岸ステークス2024買い目はコチラ

メールアドレスだけ(約30秒)で無料登録出来ます。

買い目を確認してから馬券を買って下さい(登録無料)

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。