1強レースのゴールドシップを軸にしてはいけない理由|宝塚記念回顧

Pocket

先日行われた宝塚記念は ゴールドシップ がまさかの大出遅れから15着と大敗

これだけの出遅れは想定外でしたが
馬が走る気をなくしていましたね。
普通にゲートを出ていても凡走していたでしょう。

もともとゴールドシップはムラの多い馬
単勝1倍台で軸にしてはいけない馬ですね。

キャリアを重ねて、特徴が明確になっているので
このあたりの判断ミスはしたくないですね。

スローペースを先行した ラブリーデイ がGIタイトルを手にしました。

ラブリーデイは瞬発力がない馬で、非力な印象がありましたが
今年に入って中山・阪神の重賞を立て続けに勝つなど
パワーがついてきました。

脚質的にどうしても直線が長いと切れ負けしてしまうタイプですが
今回のような小回りコースならトップレベルの力があります。

今回は展開が向いたことも大きな助けになったので
「秋の主役」という点ではまだ慎重な見方をした方が良いでしょう。

2着には デニムアンドルビー が入りました。

前走は苦手の京都、しかも天皇賞で疲労を残さない負け方
そして、3枠6番という絶好枠という条件が揃っていました。

浜中騎手の乗り方も見事でしたね。
追い込みという脚質から難しいところはありますが、実力のある馬です。

3着 ショウナンパンドラ も枠順のメリットを活かしました。

1番枠からじっと脚を溜めて、レースの流れも大歓迎のスローペース
この馬のベストパフォーマンスが出ましたね。

本質的に非力なタイプで阪神や中山は向かないという事を覚えておきたいですね。

4着は トーホウジャッカル

休み明けでよく走りましたね。
今回はポテンシャルを見せた格好です。

怪我なく秋を迎えれば、秋シーズンは期待できます。

5着は ヌーヴォレコルト

それなりに走っていますが、インパクトは薄いですね。
一線級の牡馬と戦うのは難しいタイプかもしれません。

ラキシス はスローペースが災いしました。

切れ味のない馬なので、もう少しレースが流れていれば
結果は違っていたでしょう。

今回の宝塚記念はレースの流れ、枠順が大きく影響しました。

予想という観点に立つと「これぞ競馬」という内容でしたね。

予想を勉強すれば、こういった流れも見えてきますので
しっかりと勉強するようにしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。