2015宝塚記念予想|ワンアンドオンリーは危険!!

Pocket

今日のメインレースはGI宝塚記念

春のGI総決算となるレースですが
話題はゴールドシップ3連覇なるか、という点

理屈で考えればゴールドシップに死角はありません。

今年阪神大賞典と苦手の京都を克服しての天皇賞勝ち
能力面での衰えは見られず、今回は大得意の阪神でこのレースも2連覇中

消しの材料は一つもありません。

ですが、ゴールドシップは速い時計で走れない馬
どんなメンバーでも苦手の展開になれば飛んでしまう馬です。

今回ラキシスが人気になっていますが、馬連上では一本被りに近く
1強の存在では軸に出来る馬ではありません。

この馬は相手として抑える形として、飛んだ時に大きく跳ねる馬券を買いたいですね。

本命は デニムアンドルビー

ディープ産駒にしては珍しいパワー型の馬で
今年の阪神大賞典では2着に入っています。

前走はコース適性もなく、距離も厳しかったので仕方ありません。
その分、人気をがっつり落としてきた点と
今回3枠6番という絶好枠を引いたところでの指名です。

対抗 ディアデラマドレ

ゴールドシップが飛ぶ展開(瞬発力勝負)になったら一番来る可能性の高い馬で
当初、本命を考えていた馬ですが、なかなか乗り替わってくれません。

前走も前々走も鞍上がもっと上手く操縦できれば
着順は格段に上がっていたでしょう。

それだけ騎手は大切です。

3番手は トーセンスターダム

今回のレースで一番単穴として魅力がある馬です。

ディープ産駒らしくスピードがあるタイプで、
1枠2番という枠から経済コースを通り溜めに溜めて体力を温存して最後抜け出す

穴を開けるのに理想的なプランを持った状態での出走となります。

当然の事ながら、地力面でこのメンバーと戦えるかは未知数
海外帰りはもちろんマイナス。
このデメリットは理解しておきたいところです。

4番手は ゴールドシップ

説明の必要はありませんね。

続いて、阪神得意で昨年2着の カレンミロティック

エリザベス女王杯から馬が変わった ラキシス

最後にかなり人気していますが条件が上がる ヌーヴォレコルト

この6頭を相手に取ります。

デニムアンドルビーから馬単・ワイド・3連複を相手6頭へ

抑えとしてトーセンスターダムの単勝・ワイドを相手に買っておく予定です。

最後に4番人気ワンアンドオンリーについて話しておきましょう。

菊花賞以降が全く見せ場がなかったにも関わらず
前走の好走と騎手で人気となり期待値が低くなってしまったので買いません。

このレースで一番期待値の低い馬ですね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。