ノンコノユメは東京以外でも通用するのか!?ユニコーンS回顧

Pocket

先週行われたユニコーンステークスはノンコノユメが
後方から一気に末脚で完勝。

能力の高さ、破壊力のある末脚、共にアピール出来ました。

重賞をこれだけ強い買い方出来ると次はGIへと心が向かいます。

更なる強豪との戦いと考えるとノンコノユメの場合は
東京以外で同じレースが出来るかどうかが問題となります。

現在の見解だと

「阪神や中山などの力の要るコースだと厳しい」

という結論に達します。

スピードが勝ったタイプであるという点
馬体重が少ないという点

この2点が根拠ですね。

なので、砂が深い地方場所でも苦戦をするでしょう。

不得意な場所で人気になるようなら、
馬券的には外して勝負が出来ます。

2着には ノボバカラ が入りました。

今回は大外枠で自分の力をいかんなく発揮できました。
アキトクレッセントが出遅れたのも
この馬には展開の恩恵がありましたね。

今回はベストの走りだったので、次走は少し割引が必要でしょう。

3着には アルタイル が入りました。

この馬も自分の力は出しています。
堅実さはあれども、ポテンシャルは重賞で勝つまではない

3着という結果がこの馬のキャラを表していますね。

断然人気の ゴールデンバローズ は4着

海外遠征の疲れというよりも海外遠征でリズムを崩した
という方が正しい走りの内容でした。

能力の高さは過去の走りから間違いはありませんが
このリズムが戻らないと強さは取り戻せません。

本来であれば、もう一度休養をして心身を作り直してから
復帰するという形がベストですが、どうなるでしょうか。

他、人気馬ではアキトクレッセントが出遅れで惨敗

ただ、この馬は1400m以下がベストですね。
1600mでは最後スタミナ切れを起こすので
今回はちゃんと出てもダメだったでしょう。

ブチコ は5着と頑張りました。

スピードがあるタイプではないので、
中山などの小回りコースの方がこの馬の良さが活きます。

次走、コース替わりしたら再度注目ですね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。