2015宝塚記念出走予定有力馬情報|ゴールドシップ3連覇はない

Pocket

今週のメインレースは春のGI総決算宝塚記念です。

なんといっても注目は3連覇のかかる ゴールドシップ です。

前走は苦手の京都を克服して念願の盾制覇
今後は得意な舞台に替わり舞台適性はグンと上昇

能力も落ちている感じは見受けられず、ここは死角らしい死角が見あたりません。

一つ注文をつけるとすれば、今回は断然の人気で1強レースになるという点

全ての馬がゴールドシップをマークするという競馬になった時に
ゴールドシップの不器用さが出てしまうと惨敗まであり得ます。

ゴールドシップの競馬が出来るかどうかが焦点となるでしょう。

昨年2着の カレンミロティック

天皇賞では3着、阪神大賞典でも致命的な不利を受けながら4着
と今年に入って充実期を迎えています。

ハーツクライ産駒らしく馬力型で阪神の舞台はプラス
この馬もゴールドシップ同様死角の少ない馬です。

瞬発力勝負にならなければ、好勝負出来るでしょう。

続いて大阪杯でキズナを下した ラキシス

この馬は昨年秋から本格化し、そこからのパフォーマンスは見事です。
適性のない有馬記念でも6着と好走し、地力強化は明らか

今回も適性のある舞台とは言えませんが
どこまでパフォーマンスを見せられるか注目です。

同じ牝馬では ヌーヴォレコルト も注目

ヴィクトリアマイルでは見せ場なく敗れましたが
久々のマイル戦に特殊な流れ

特にダメージの残る敗戦ではありません。

今回は距離延長に力の要る舞台替わり
当然上がり目があります。

4歳牡馬からはダービー馬 ワンアンドオンリー

こちらもハーツクライ産駒でこの舞台は歓迎です。

が、弥生賞・皐月賞以降インパクトのあるレースが出来ていない点が気になります。

母父タイキシャトルの影響がどこまであるのかが
未だ掴めず、扱いは難しい馬です。

今回は必要ないと思いますが、どうでしょうか

菊花賞馬 トーホウジャッカル も扱いの難しい馬です。

阪神大賞典から使う予定がズルズルと延びてここが復帰戦

一頓挫あっただけにいきなり能力全開となる可能性は低く
ここは能力に頼る形になります。

もともとこの舞台に適性のあるタイプではなく
この馬の真の力も証明できていない今の状態では買いたくありません。

他では今年重賞3勝の ラブリーデイ

切れ味鋭い ディアデラマドレ

秋華賞馬 ショウナンパンドラ

海外GI2着の トーセンスターダム

など、レースの流れ次第では台頭してきそうな馬もちらほら

いずれにしてもゴールドシップ中心のレースになるでしょう。

その上でどういう流れになるのか…

ここが予想のポイントですね。

馬券で勝つ為には

『ゴールドシップの3連覇はなし』

という前提で予想を組み立てないとダメでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。