2015ユニコーンステークス予想|ゴールデンバローズは切れない

Pocket

今週の東京メインレースは3歳ダート王者決定戦
『ユニコーンステークス』

東京ダート1600m以外に癖のあるコースで
外枠が圧倒的に有利です。

これらを頭に入れて予想をしていきましょう。

一番の注目はドバイ帰りの ゴールデンバローズ

国内での戦いは3戦3勝、そして全て圧勝と完璧な成績で
能力の高さは疑う余地がありません。

問題はドバイ帰りでの馬の状態のみ

これは正直走ってみなくては分からない点はありますが
3ヶ月の間隔を空けての出走なので、切れないと判断します。

枠もいいところに入ったので対抗評価とします。

本命は アルタイル

前走はノンコノユメに差されましたが
アキトクレッセントを力で負かした内容は評価出来ます。

今回のメンバーでも一番融通が利く脚質を持っており
レースの幅が持てる点が強みです。

ただ、ここ最近全く乗れていない松岡騎手に乗り替わった点と
枠がちょっと内に入った点でマイナス

自信度合いは少な目です。

対抗は ゴールデンバローズ

3番手は ノンコノユメ

常に出遅れ癖がある点が不安材料な馬ですが
今回は良い枠に入りました。

追い込み馬は不発の危険性があるので本命にはしませんでしたが
前走のパフォーマンスは高く、ルメールの手綱ならある程度信頼がおけます。

次位は ノボバカラ

青竜ステークスでは上位3頭に完敗しましたが
今回は大外枠で、この馬の力は出せる展開になりそう。

穴馬としては真っ先に名前を挙げたい存在です。

4番手は ダイワインパルス

痛恨の内枠ですが、前走の1枠2番から鋭く抜けてきたように
能力は間違いありません。

今回も同じ枠で同じレースが出来るかというと
鞍上田中勝春騎手では不安である
という事で4番手評価ですが、外の偶数枠なら本命でもいい馬です。

最後の抑えに イーデンホール

オープン実績ではゴールデンバローズの2着という実績があります。
その時の内容は追い込みからごっつぁん2着という感じでしたが
今回も前が厳しい展開になれば、チャンスはあるでしょう。

馬券はアルタイルからの馬連・3連複を予定しています。