2015マーメイドステークス予想|阪神内回りコースを制するのは?

Pocket

今週の阪神メインレースはマーメイドステークス

牝馬同士で争われる一戦ですが、坂越えを2度経験するパワーコース
内回りという事で、機動力も必要となるレースです。

今年もメンバーを見渡すと地力が抜けた馬は見当たりません。
適性を考える必要があるでしょう。

本命は リラヴァティ です。

逃げに近い先行馬なので、展開に左右される部分は多いですが
ゼンノロブロイ産駒らしくパワーがあって、先行力もある馬

人気にならないタイプですが、チューリップ賞・ローズステークスでの
好走歴もあるように地力もあります。

対抗は シャトーブランシュ

この馬もローズステークスでの実績があり
パワーが必要な馬場が得意なタイプ

問題は道中の位置取り、一流騎手であれば内枠はプラスですが
藤岡康太騎手がこのポジションをどう活かせるか、が問題となります。

ロスない競馬が出来れば勝てる可能性は十分。

3番手は レッドセシリア

函館で実績があるように小回りコースは得意
ハーツクライ産駒で距離延長も魅力。
枠順もハンデもいいですね。

4番手は イリュミナンス

末脚が鋭いタイプではなく、2000mはギリギリ。
この枠でなければ厳しいと思いますが
最内枠からスタートして前受けして内を抜け出せれば台頭はあります。

また、岩田騎手がそれを出来る騎手なので、警戒をしておきました。

最後に バウンスシャッセ 

今回はトップハンデで買いづらい存在ですが本質的にパワー型で適性はあります。
末脚が鋭いタイプではないので、最近後方からの競馬になっている事が気になりますが、
前につけられれば地力は上、鞍上が上手くコントロールしてくれる期待も込みです。

以上です。

アースライズは軽量ですが、騎手が厳しめ。
GI2戦は超人気薄での好走で、今回は多少プレッシャーのある
立場になるのでマークされたらきつい事が想定されます。

ウインプリメーラは先行力も地力もあり非常に怖い存在ですが、
なだれ込みタイプの非パワータイプ。
大外枠なので、今回は敬遠します。

マリアライトは軽量馬なのに距離短縮+パワーコース替わり、当然買いません。

馬連・3連複・ワイドこの辺りで馬券を購入したいですね。