マイル王モーリス誕生!秋のマイル統一GI制覇は?安田記念回顧

Pocket

先週行われた安田記念は1番人気モーリス
先行策から直線力強く抜け出して完勝

春のマイル王となりました。

私はこの勝利の前まで正直モーリスを疑っていました。

能力・ポテンシャルは認めるものの
圧倒的なパワータイプの走り、そして出遅れ癖

安田記念の舞台である東京マイル戦には適性がないと踏んでいました。

しかし、終わってみればスタートもほぼ互角
道中も好位に楽に取り付けて、直線はあっさり抜け出すという横綱相撲

この1戦を制した事で俄然春秋マイルGI制覇が現実味を帯びてきました。

しかし、京都マイル戦は東京マイル戦よりもモーリスには適性の薄い舞台

今回完勝して能力を見せたからと言って決して断然ではありませんので
その点はしっかりと覚えておきたいところです。

2着には ヴァンセンヌ が入りました。

この馬は非常に惜しい内容でした。
騎手がもう少し前につけるなり、直線を上手く捌くなりすれば
勝てていた一戦でした。

福永騎手の騎乗ミスが今回の結果に繋がっただけで能力はあります。
そして、マイルチャンピオンシップも有力ですね。

舞台適性はモーリスよりもあるので、
逆転の目は大きいと言えます。

3着には古豪 クラレント が入りました。

もともと東京マイルはベストの舞台かつ
能力のある馬なので、今回の好走は特に驚きませんが
GIレベルだと力を出せないタイプだったので人気薄でした。

美味しい存在でしたね。

人気の フィエロ は4着

それなりに走っていますが、重賞未勝利のパンチ力不足が出た恰好
人気でGIを勝ちきる、というほどの信頼感はない馬です。

が、安定感のある馬なので、今後も重賞では馬券に絡んでくるでしょう。

内枠を引いた ダノンシャーク は10着

今回はまったくいいところがありませんでした。
地力はありますし、内を突く精神力もある馬なので
今回は馬に走る気がなかったという事でしょう。

この馬も見限ってはいけない馬です。

最後に ミッキーアイル について触れておきます。

古馬になって明らかに1600m未満に適性を見せています。
東京マイルはスタミナがないと乗り切れないコースなので
このレースでは絶対に買ってはいけない馬でした。

今後は1400m以下で狙うようにして下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。