エイシンヒカリの実力は本物?2015エプソムカップ出走予定有力馬

Pocket

今週の東京メインレースはエプソムカップ
GIが一段落した後の東京最終週の重賞です。

主役は エイシンヒカリ

東京で大きく外にふくれあがったレースで有名な馬ですが
この馬の走りの内容・パフォーマンスを見る限り
GIを狙える馬である事は間違いありません。

前走は武豊騎手が騎乗してグランデッツァを相手に楽勝
まともに走ればここは相手になる馬はいないでしょう。

対抗勢力筆頭は昨年の王者 ディサイファ

ディープインパクト産駒にしてはパワーがあるタイプで
東京が大歓迎というタイプではありませんが
どの競馬場でも堅実に走る馬。

今回ももちろんノーマークには出来ませんが
悪い意味で重賞に慣れてきてしまうと
複勝圏内を外す事もあるでしょう。

新興勢力としては サトノアラジン も見逃せません。

3歳秋は菊花賞路線に向かった為、力を発揮出来ませんでしたが
適距離は1600~1800mの馬

気性面が問題の馬でしたがルメールが騎乗してからは
上手くコントロール出来ており自分の力を出せています。
潜在能力だけで言えば、エイシンヒカリとも十分に戦える馬です。

今回と同じ舞台の毎日王冠を2着した サンレイレーザー

ムラな面は持っていますが、地力のある馬で
G3レベルなら常に戦える存在です。

今回はエイシンヒカリの2番手でレースを進める形になりそうですが
好枠を引ければ、粘り込みという図式も十分に考えられます。

重賞で堅実に走っている フルーキー

重賞で勝ち負けするには一歩足りない馬ですが
そろそろ複勝圏内に食い込んでもおかしくありません。

血統からもなかなか読みづらいですが
人気がなければ、手を出してもいいでしょう。

春は牝馬重賞戦線で結果を出した パワースポット

この馬は展開一つです。

今回はエイシンヒカリが逃げる展開になるので
横綱相撲を見せたときに、
後方から一気差しを見せて2,3着に食い込む

そんなパターンは想定しておく必要があります。

前走出走取り消しとなった ダノンジェラート

前々走の重賞では1番人気を裏切りましたが
もともと相手なりに走るタイプでクラス慣れしてくれば
馬券に絡んでこられる馬ですが、
今回は順調度を欠き、相手も強いので難しいでしょう。

その他の馬は近走不振の馬が多く、馬券絡みは微妙な存在です。

メンバーを見る限りでは堅く収まりそうな気がしますが
東京1800mは枠順の差が大きいコースなので
枠順を見てから最終検討として下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。