中山のみで走るロゴタイプは今後GI戦線で活躍出来ない【能力分析】

Pocket

皐月賞馬 ロゴタイプ

関東の田中剛厩舎となかなか渋い存在でファンの多い馬です。

が、ロゴタイプは今後JRAのGIは獲れない

と言い切っています。

理由は 『舞台適性がGIの条件と合わないから』

この一言に尽きます。

ロゴタイプはパワーが勝っていて、直線で長い脚を使えないタイプ

完全に中山競馬場に特化した長所を持っています。

距離適性を見てみると1600~2000mがベスト

JRAのGIで1600m・2000mの距離で行われるのは
古馬の牡馬では、安田記念、マイルチャンピオンシップ、天皇賞・秋

この3つです。

安田記念と天皇賞・秋は東京、マイルチャンピオンシップは京都

この2場はパワーよりもスピード・スタミナが要される競馬場で
長い脚が使える馬が活躍出来る舞台です。

これらを考えると今後ロゴタイプがベストの条件どころか
ベターな条件でGIを戦える舞台もありません。

当然、GI戦線では活躍出来ないでしょう。

活躍出来る可能性があるとしたら

1200mですが中山で行われるスプリンターズステークス
2500mですが中山で行われる有馬記念

この2レースです。

この2つのレースでロゴタイプが持つ距離適性が活かされる展開

※ スプリンターズステークスなら超ハイペースの前崩れ
※ 有馬記念なら超スローペースの前残り

になれば大穴を開ける事もあるでしょう。

距離適性は陣営も把握しているでしょうから
スプリンターズステークス、有馬記念に出走するような
大胆な選択が出来るかは疑問で、
ここからもGI制覇のチャンスはほぼ不可能と断言出来ます。

逆に言えば、ロゴタイプを買うなら中山の1600~2000mに
限定すればいいので、買いやすい馬だと言えます。

馬券に優しい極端な特質を持った馬なので重宝して下さい。

ここでは馬の分析を行っていますが
これらを総合的に組み合わせた馬券攻略については
メールマガジンで行っています。

無料で登録出来るので、馬券でプラスが出ていないのであれば
是非登録して下さい、世界が変わります。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。