インカンテーションは二度と大野騎手を乗せてはいけない|レース回顧

Pocket

先日行われた平安ステークスは
最内枠のインカンテーションが華麗に逃げ切り勝利しました。

今まで末脚を活かす競馬が多く
レース前の予想段階では最内枠から後方に下げて
砂を被る心配と外に出すロスを心配していましたが
終わってみれば内田騎手がベストの騎乗をしてくれました。

過去には大野騎手が騎乗していましたが
この馬の良さを引き出す事が出来ませんでした。

しかし、内田騎手になりインカンテーションの能力が存分に発揮されています。

このコンビが続く限りは常にマークが必要な馬です。
逆に大野騎手に戻るようであれば、一枚評価を下げる必要があります。

2着には クリノスターオー が入りました。

力通りと言えば力通りです。
ある程度パワーもありますが、この馬の信条はスピード。
京都コースは合いますし、地力もある。

今後もスピード競馬なら実力を存分に発揮してくれるでしょう。

同じ事は3着 ローマンレジェンド にも言えます。

スペシャルウィーク産駒らしいスピードタイプの馬
力の要る阪神などでは苦戦しますが
京都などのスピードコースなら買える馬です。

逆パターンは4着 ナムラビクター 

この馬はパワーに勝るタイプで成績を見てみても
阪神コースの方が適性があるのは一目瞭然。

今回は地力の違いで4着に入りましたが
この人気でこの条件なら絶対に買ってはいけない馬です。

5着 アジアエクスプレス もナムラビクター同様パワータイプ

テレビ中継の中で「芝で通用したスピード」なんていっていましたが
芝実績とスピードの有無を結びつけるのはあまりにも短絡的。

ゴリゴリとパワーで押すタイプなので
坂のあるコースや持久力の問われるタイプの方がプラスです。

今回は舞台が悪かったですね。

今回、掲示板に入った馬はレベルの高い中で均衡しています。
GIにそのまま出てくるようなメンバーですね。

このレースでは舞台適性のある伏兵陣も揃っていましたが、
まったく歯が立ちませんでした。

G3レベルでこのメンツが集まるようなら
無理な穴狙いは禁物。

という事を知ったレースでした。