ルージュバック能力の底が割れた?2015オークス回顧

Pocket

先日行われたGIオークスはミッキークイーン
最後ルージュバックを差しきりGI馬となりました。

勝因として第一にあげられるのは展開がはまった点です。

桜花賞は完全な前残りでしたが、今回は前が速いペースで引っ張ったため
後ろから行く馬が有利になりました。

1番人気のルージュバックは主役の競馬をした分
最後、伏兵にやられてしまいました。
これは決して力負けではありません。

競馬というものは基本的に1番人気馬がハンデを背負っています。

なぜならば、たくさんの人がお金を投じている分
大胆な先方が取りづらいからです。

今回のルージュバックや昨年の秋華賞のヌーヴォレコルトなどは典型的な例です。

ミッキークイーンの走りも立派でしたが

実力的には ルージュバック > ミッキークイーン

であるという事を覚えておきましょう。

まだルージュバックの力を見限るのは早いという事ですね。

3着 クルミナル は完全に力負けです。

本来であれば、ルージュバックには勝てる内容の競馬でしたが
最後は返り討ちにあいました。

これは力負けの典型例ですね。
ただ、クルミナルは能力のあるいい馬です。

5着 アンドリエッテ はこの展開ならもう少し接戦に持ち込みたかったですね。

今回の結果を見ると、もう少し力をつけなくてはいけないのは
もちろんですが、もう少し脚質の器用さが欲しいです。

桜花賞馬 レッツゴードンキ は今回全てが裏目に出ました。

内の窮屈なところから前がきつい流れ。
今回は負けて納得でしょう。

能力的にショウナンアデラよりは下なのは間違いなく
GIで勝ち負けとなるとなかなか厳しいでしょう。

先行して唯一粘った ローデッド 

この馬は人気以上に力のある馬だと判断して良いです。
次走も人気にならないようなら狙っていきたい馬です。

こういう馬は覚えておきたいですね。