2015オークス予想|果たして桜花賞と展開が変わるか?

Pocket

今週のメインレースはGIオークス

3歳牝馬の女王を決めるレースで
2400mという未知の距離に挑む戦いなので
紛れは起こりやすいレースです。

このレースの焦点は「展開」です。

差し馬に人気が集中した桜花賞はレッツゴードンキの逃げ切り

後方から追い込んだ馬達は届かずという展開になりました。

今回も果たして前残りになるのかどうか?

答えは「YES」です。

根拠はメンバーがほぼ変わっていないという点

もう一つはルージュバックが一番人気になったという点

最後は今の東京の馬場は差し馬不利であるという点

この3つです。

これらから前に行く馬を中心に予想を組み立てます。

本命は シングウィズジョイ です。

前走は先行しての押し切り勝ちと安定した先行脚質
父マンハッタンカフェ、母父シンボリクリスエスという長距離対応血統
鞍上内田騎手の実力と内目の枠をGETした点

実績が一枚以上劣るのは承知の上で狙っていきます。

対抗は レッツゴードンキ

枠順・人気が出るまでは美味しくない存在だと思っていましたが
この枠で、この人気、当然買います。

3番手は マキシマムドパリ

展開に紛れがあった時に真っ先に台頭する穴馬
武豊騎手の手綱に期待が出来ます。

以下、スタートが決まれば先行しそうな ココロノアイ

桜花賞で唯一追い込んだ クルミナル

最後に大外から押しあげて先行する可能性のある ディアマイダーリン

この5頭とします。

桜花賞の再現を期待しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。