ヌーヴォレコルトが最も強くなる舞台と展開は?【適性分析】

Pocket

オークス馬ヌーヴォレコルト

ハープスターと覇を争った実力牝馬ですがGI勝ちはオークスのみ
(平成27年5月21日現在)

秋華賞・エリザベス女王杯・ヴィクトリアマイルと
全て一番人気に押されながらも勝てないでいます。

では、ヌーヴォレコルトが最も得意な舞台、最も力を出せる舞台とはどこでしょうか

ヌーヴォレコルトの一番の持ち味はスタミナです。

ハーツクライ産駒にはスタミナに特化した馬が多いですが
この馬も例に漏れず、スタミナ豊富です。

GI勝ちを収めたオークスも中団から息の長い末脚を繰り出し
ハープスターを下しました。

逆にスピード比べとなった桜花賞、ヴィクトリアマイルは
勝ち負けにならないまま負けてしまいました。

パワーはぼちぼちありますが、スピード比べは苦手です。

そういった意味ではマイルでの勝負は厳しいと言えます。

また、スピード比べになりやすい京都での競馬は
ヌーヴォレコルトの力が一枚落ちてしまう舞台だと言えます。

一番向いている舞台は東京競馬場です。

「東京競馬場はスピード勝負になる」と思っている人がいますが
直線が長く、最後に坂のあるコースなので
スタミナ比べになる事が多い舞台です。

マイルは向かない馬なので安田記念やヴィクトリアマイルは向きませんが
府中で行われる天皇賞・秋、ジャパンカップでは力を発揮出来るでしょう。

スタミナに伴い、パワーも持っている馬なので
中山や阪神でもパフォーマンスは発揮出来ます。

阪神の中距離戦である宝塚記念などは
ヌーヴォレコルトにも手が届く舞台です。

人気がないのであれば、是非狙いたいですね。

また、牡馬混合戦でも力は発揮出来るブエナビスタのようなタイプですが
ブエナビスタほどの底力は持っていないので
牡馬混合戦でも長距離戦となると分が悪くなってくるでしょう。

馬場はある程度悪くてもこなせる下地があります。

ハーツクライ産駒は全体的に重馬場成績が良いという点と
この馬の武器がスタミナとパワーという点に起因していますが
牝馬だという事は加味しておきたいところです。

先行力も兼ね備えている為、小回りコースも全く苦にせず
死角も少ない強い馬です。

毎回、安定して走るタイプで馬券的な妙味は少なく
美味しい馬ではありませんが、
得意な舞台と苦手な舞台をしっかりと見極めて
美味しいところでは買い、美味しくないところでは切るようにしましょう。

このブログでは馬や種牡馬、コースの分析を行っていますが
これらを総合的に組み合わせた馬券攻略については
メールマガジンで行っています。

無料で登録出来るので、馬券でプラスが出ていないのであれば
是非登録して下さい、世界が変わります。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。