ミナレットはなぜ好走出来たのか?2015ヴィクトリアマイル回顧

Pocket

先日行われたGIヴィクトリアマイルは
ストレイトガールが念願のGI制覇を達成しました。

それ以上にインパクトがあったのは3連単の払い戻し金額
2000万円を超える大万馬券が発生しました。

上位3頭で特に驚いたのはビリ人気ミナレットの激走

大逃げから粘り込むという穴がくる最も典型的なパターンでした。

今の東京は差しが届きません。

差してきたヌーヴォレコルトやディアデラマドレは
まったく馬券に絡んできそうな気配がありませんでした。

ディアデラマドレは早い時期での乗り替わりが待たれます。

毎回どん尻からの大外強襲という
むちゃくちゃな競馬を強いているのが現状で
この馬の負担をいたずらに増やしている
藤岡康騎手の騎乗はマイナスでしかありません。

もう少し好位で立ち回れるような競馬を教えていかないと
大きいところを勝つ事は難しいでしょう。

早くしないと競走馬としてのピークを越えてしまいますので
この馬の潜在能力を成績に繋げる決断をしてほしいですね。

ヌーヴォレコルト もスピードを求められる
レースになってしまった点が不運でした。

スタミナ・パワーが勝ったタイプなので
この距離でこの展開だとさすがに出番はありません。

この敗戦で宝塚記念が面白くなりました。
このままいけば是非狙いたいですね。

ストレイトガール は前残り+スピード競馬+内枠

全てが上手く噛み合いました。
これまで運が無くGIを逃してきた馬ですが
上手くいくときはこんなものだなと思えるレースでした。

もともとGI級の能力はある馬です。

2着の ケイアイエレガント は積極的なレースが吉と出ました。

昨年もこのレースで6着と好走しているように
ヴィクトリアマイル(の展開)とは相性がいい点と
もともと重賞で勝ち負け出来る能力があるという点
そして、休養明けでリフレッシュしてきた点も見逃せません。

ただ、本質的には小回りコースが得意なタイプで
安田記念となると厳しいのは変わりありません。

3着 ミナレット は展開で全てを崩しました。

1000mを57.0秒とハイペースで飛ばしながら
ラスト3ハロンを35.3秒でまとめたのは気分良く走れたからです。

それだけノープレッシャーでの走りは力を発揮する事があります。

逃げた馬だけを買っていれば、馬券はプラスになります。
(実際はどの馬が逃げるか分からないので不可能ですが)

芝のレースはどうしても強烈な追い込みを決める馬に目がいきますが
回収率で考えるなら逃げ・先行が大前提。
という事を頭に入れておきましょう。

4着 レッドリヴェール は展開に乗った馬の中で
唯一低いパフォーマンスをした馬でした。

これだけ恵まれて、流れにも乗れたのにダメだったという内容を見ると
この馬にはもう期待出来ないでしょう。