レッツゴードンキは2冠可能?|2015オークス出走予定有力馬

Pocket

今週のメインレースはオークス

牝馬の頂上を決める戦いです。

桜花賞は断然人気のルージュバックが敗れ、レッツゴードンキが圧勝

ただ、圧勝の背景には完全なる前残りの競馬であった、
という事も事実で、レッツゴードンキが突き抜けた存在になった。

という訳ではありません。

阪神ジュベナイルでショウナンアデラに完敗しているように
実力的にはGI級よりは一線劣る存在です。

しかし、今の東京の馬場は前残りであるという点と
今回も然したる逃げ馬・先攻馬が見当たらないという点は
レッツゴードンキに大きく味方をしています。

2冠の可能性は十分でしょう。

桜花賞で惨敗した ルージュバック

この馬は距離延長と東京替わりはもちろんプラス
実力がある事も間違いがなく、怖い存在。

あとは展開が向くかどうか
そしてルージュバック自身が好位で競馬が出来るかどうか

ここに尽きます。
戸崎騎手の判断にかかっていますね。

桜花賞2着の クルミナル

前走はいい脚を見せて能力がある事を改めてアピール
東京はディープ産駒が得意な舞台でもちろん勝機はあります。

不安点はやはり展開です。
脚をためていいタイプなので、先行しても持ち味は半減
内枠からの内差しという競馬が好走の必須条件

外枠に入ったら切ります。

桜花賞3着の コンテッサトゥーレ

こちらは同じディープ産駒でも切れ味のないタイプ
スタミナでジリジリと押すような競馬が向いているので
東京芝2400mという舞台はプラスです。

外してはいけない馬です。

桜花賞4着の クイーンズリング

前走で無敗は途切れましたが、能力のあるところは見せました。
スピードよりはパワー・スタミナの優れた馬で
桜花賞のようなスピード勝負は合いませんでした。

オークスの方が舞台は合いますが、この馬自身の体力の回復が課題です。
フィリーズレビューのパフォーマンスが良すぎただけに
状態面で下降線を辿っている印象で注意が必要です。

桜花賞で上がり最速の末脚を見せた アンドリエッテ

能力のある馬ですが、ここにきて後方一手の競馬になってしまいました。
同じ競馬をするようなら好走は厳しいと言えます。

それならクイーンカップ勝ち キャットコイン に魅力を感じます。

ステイゴールド産駒で走りの内容からも距離延長はプラス
少しでも馬場が渋るようなら、一気の台頭は考えておくべきでしょう。

別路線組ではフローラステークス組が気になります。

1着シングウィズジョイ、2着ディアマイダーリン、3着マキシマムドパリ
共に内枠で先行した馬達。

実力的に一歩劣る事は否めませんが
オークスで好走する為の条件を全馬が兼ね備えています。

どの馬も内枠に入った時点で注意は必要でしょう。

ミッキークイーンは力のある馬ですが
展開面からも人気の割に期待値が低い存在になりそうです。

桜花賞がそうであったように、実力よりも展開にハマる馬を探す
というやり方が今回の予想の肝となります。