低レベルの中、必然の好走だったクラリティスカイ|2015NHKマイルC回顧

Pocket

先日行われたNHKマイルカップは クラリティスカイ が好位から抜け出して勝利

朝日杯3着、皐月賞5着という実績がありましたが
決してGI馬になるほどの地力のある馬ではありませんでした。

が、今回勝てたのはメンバーのレベルが低かったという点

骨折明けでスプリングステークス5着
叩き2戦目となる ミュゼスルタン が2番人気となったことからも
メンバーのレベルが低いのは明白でした。

そうなると物を言うのは「展開」ですね。

不安要素だらけだった アルビアーノ が2着に粘るような
前残りの展開なら好位で競馬が出来るクラリティスカイのもの。

最後キッチリを交わして勝利したのは
順当と言えば順当過ぎる結果でした。

この勝利でクラリティスカイの実力が上がったわけではないので
日本ダービーや安田記念に向かったとしても戦えないでしょう。

東京マイルのG3を勝利した。
これくらいの価値として捉えておくと実力を見誤る事はないでしょう。

2着 アルビアーノ は展開に恵まれたとは言え自分の競馬が出来ました。

騎手、厩舎共に実績のない中で、桜花賞回避という状況からいい競馬が出来ました。
桜花賞がレッツゴードンキの逃げ切りだった事からも
出走出来ていればきっと良い競馬が出来たのであろうと思わせる内容でしたが
オークスとなるとかなり悲観的に捉えなくてはいけないでしょう。

3着 ミュゼスルタン は自分の競馬が出来ました。

本質的に東京よりも中山の方が向くタイプなので
展開と馬場に敗れたという印象ですが
今回のメンバーでは能力が上である事を証明しました。

距離も中距離までなら大丈夫です。

4着は アヴニールマルシェ

この馬は最内枠が災いした恰好になりました。
共同通信杯などもそうですが、もう少し前で競馬をする事を覚えないと
これより上では通用しません。

距離を伸ばして、先行策を取るなど工夫が必要でしょう。

5着 グランシルク は前走の内容が災いしました。

前走が大出遅れから追い込んで豪脚を使うという内容で
能力を感じさせる物でしたが、ああいった大味な競馬をしてしまうと
未来に向けてはマイナスとなります。

天皇賞で出遅れて2着に入り、有馬記念で先行策をとって4着に敗れた
ペルーサなどが良い例ですね。

今回はしっかりとスタートを切れて先行出来たので
この内容を身につけていくことが先決ですね。
能力はある馬です。

今回のレースは低レベルながら人気上位が掲示板を独占しました。

『低レベル=波乱』

とならない難しい競馬でしたが、基本的にはレベルが低い戦いは
波乱を狙っていった方が馬券回収期待値は高いので
ここを外しても、きっちりと原則を守っていきましょう。