2015京王杯スプリングカップ出走予定有力馬【想定】

Pocket

今週土曜日のメインレースはG2京王杯スプリングカップ

安田記念へと繋がるステップレースですが
1400mから1600mへと距離が伸びる影響か
なかなか本番に繋がりにくいレース

マイラータイプよりも1400mに適性のある馬を
チョイスしていった方が馬券には繋がりやすいと言えます。

では、このレースに登録している有力馬を1頭ずつ見ていきましょう。

主役は今年復活を遂げた ダイワマッジョーレ

阪急杯の勝ちや高松宮記念4着の競馬は非常に内容がありました。
1200mは明らかに短く、今回距離延長はプラスとなります。

元来安定感のあるタイプ、昨年夏からのスランプも抜けだし
ここも好走は期待出来ます。

4連勝で前走重賞を勝った ヴァンセンヌ

気性の荒さがあり、前走の内容も決して順調ではなかった中での完勝
もう一つ能力の引き出しがありそうな馬です。

気性面や馬体面からも距離短縮はマイナスとは成らず
ここでの内容次第でGIへの道が開けてくるでしょう。

そして素質が開花しつつある馬達が多数登録

3歳時はクラシック路線に乗りかけた クラリティシチー

前走ダービー卿2着、前々走東風ステークス1着と
ここにきて完全に復活モード

ただ、一瞬の脚しか使えない難しい馬で直線の長い府中よりも
中山の方が適性があるため、ここは一枚割引で評価をした方が懸命です。

オープンで勝ち負けをしてきた サトノルパン

ファルコンステークスを豪脚で勝った実績があり能力面の裏付けは十分です。
右回りよりも左回りの方がスムーズな競馬が出来ており
今回東京に替わるのはプラス

折り合い面で苦労する馬なので、あとは騎手が上手くコミュニケーションを取れるか
その1点に尽きます。

強烈な末脚が武器の ダンスディレクター

今回初めての重賞となりますが前走テイエムタイホーを下しており
能力面ではまだ底が割れていない馬。

今回一線級と戦うのはここが初めてで能力比較はやってみないと分かりませんが
期待の方が大きいと言えます。

極端な外枠を引かない限りは外せない馬です。

これらの有力馬以外にも

末脚が魅力の ダンスアミーガ

東京で実績のある エールブリーズ

オープンクラスに慣れてきた アルバタックス

重賞でも安定感のある ブレイズアトレイル

と、チャンスのある馬がスタンバイしています。

ポイントは『展開』です。

有力馬を見る限りではそのほとんどが差し馬

1400m戦なので極端なスローペースになることはないと思いますが
これだけ後ろから行く馬が揃うと展開に紛れが起こる可能性が高くなります。

馬券で高配当を狙うなら逃げ・先行馬を狙ってみると面白いですね。

京王杯スプリングカップの予想はメールマガジンで無料配信しています。
予想以外にも回収率を上げる具体的な方法なども伝授しています。

登録は無料なので、まず登録してみて下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック