2015京都新聞杯予想|皐月賞惨敗組をどう扱うか?

Pocket

今日の重賞は京都で行われる京都新聞杯

日本ダービーのトライアルではありませんが
2着以内に入れば賞金を大きく加算することが出来る為
一昨年のキズナのようにここからダービーを狙う馬が集まりました。

まず目が行くのは皐月賞惨敗組

今年は8着ダノンリバティ、9着スピリッツミノルが出走します。

ダノンリバティは後方からまくり気味に追い上げるも届かず
毎日杯2着の実績はあるものの走りのインパクトは薄く
今回も主役として扱うには荷が重い存在です。

ただ、枠はいいところを引きました。
浜中騎手は内を突く作戦を良くとりますし
じっくりと脚をためればチャンスは十分な枠なので
相手には入れる必要があるでしょう。

スピリッツミノルはダノンリバティに負けていますが
スタートで出負け気味で自分の競馬が出来なかった中での着順

今回逃げそうな馬も見当たらず、好走率はダノンリバティ以上
単勝が10倍を超えるようならこの馬から行く手もありますが
現段階では対抗の評価とします。

本命は サトノラーゼン です。

ディープ産駒の先行馬が最高の枠順を引き当てました。
重賞で戦ってきた馬達との実力比較は
やってみないとわからない点がありますが
8回走って4着以下が1回もない堅実派

複系の馬券で勝負したいですね。

3番手は シュヴァルグラン

毎日杯は後方からの競馬でしたが
除外明けの前走よりは今回の方が条件が良化するので
今回はもう少し内につけられる事を期待しての3番手です。

次に休養明けの スワーヴジョージ

東スポ杯で0.3秒差6着
ハービンジャー産駒で京都は向かない可能性はありますが
休養してリフレッシュしたところは狙いたいです。

前述の ダノンリバティ

内枠でなければ外していた ポルトドートウィユ

叩き2走目は不安も回収率の高い藤原厩舎&岩田騎手コンビの トーセンバジル

この6頭を相手に取ります。

サトノラーゼンから3連複で軸1頭流しと馬連流し

配当的に妙味の無い実績馬がことごとく好枠を引き当てる
という私としては望まない展開となりました。

ここは様子見の1戦となりそうです。