2015天皇賞・春予想|ゴールドシップは当然切り

Pocket

今週のメインレースはGI天皇賞・春

以前は古馬現役最強を決めるレースでしたが
今は京都3200mという1年に1度しかない
レースに適性を持つ馬が活躍して、
いくら強くても適性のない馬は凡走するというレースになりました。

フェノーメノが連覇したのも適性によるところが大きいです。

となると過去2年凡走を続けている ゴールドシップ は当然適性がなく
馬券としては切りが妥当でしょう。

これだけ適性の無さを露呈しているのに
当日2,3番人気になりそうなのは美味しい限りです。

出走してもらえることに感謝しましょう。

1番人気濃厚なのは キズナ

昨年は4着と能力を見せながら善戦で終わってしまいました。
その原因は距離適性と脚質。

距離3200mは明らかに長いタイプでパフォーマンスは落ちます。
加えて長距離で後方一気というパターンはまず見られません。

キズナの持つ脚質は長距離戦というだけで不利

「来ない!」とまでは断言できませんが
明らかに配当と見合わないのでここは切ります。

本命は クリールカイザー です。

まずこのレースで狙いたいのは前残りです。

キズナ、ゴールドシップ、アドマイヤデウス
今回オッズの3強となる馬は差し馬

となると前でレースを進める馬が展開の恩恵を受ける可能性大
前走は大敗しましたが、前に行く中では安定感・能力共にこの馬が一番です。

迷わず本命に抜擢します。

対抗は フェイムゲーム

ダイヤモンドステークスからの直行は不利ですが
長距離重賞でことごとく結果を出してきた馬

スタミナは折り紙付きで、昨年よりもパワーアップした点も見逃せません。
直行で人気が薄くなる点を敢えて狙いたいです。

3番手は スズカデヴィアス

前残りを狙うなら当然買わなくてはいけない馬ですね。

続いて サウンズオブアース

雰囲気・気配だけで見ればこの馬が一番不気味。
好走の雰囲気が漂っているといえます。

前走は後方に位置を取りすぎて競馬にならず
今回は内田騎手が積極的な競馬を見せれば
もっといいパフォーマンスを見せられるでしょう。

ただ、後方から届かずのパターンは考えておく必要があります。

そして ラストインパクト

この馬はスタミナタイプの馬で阪神より京都の方が得意
距離という点では微妙ですが、地力の高さ、人気のバランス
当然買わなくてはいけない馬です。

前残りを取るので カレンミロティック も相手に入れておきます。

最後に実力馬 ウインバリアシオン と アドマイヤデウス

この7頭を相手にとります。

馬券は単勝と馬単、抑えでワイドを買う予定です。

どう考えても人気薄

アタマで取りたい馬券ですね。