サトノクラウンはなぜ負けてしまったのか?2015皐月賞回顧

Pocket

先週行われた皐月賞は ドゥラメンテ が圧勝

ペースがはまったとはいえ、強烈すぎる勝ち方を見せました。
もともと能力の高さを鞍上のまずい騎乗で出し切れていなかったので
本来の走りが出来れば、これくらいは走れるという事でしょう。

おそるべきポテンシャルです。

もちろん日本ダービーも有力ですが
今回かなり負担を強いた競馬だったのと気性面から
絶対的な本命視は危険です。

2着は リアルスティール

こちらはドゥラメンテとは対照的に綺麗な競馬をしました。
スケールの面では強調は出来ませんが
日本ダービー向きの脚質と適性を持っており
ドゥラメンテよりも不安が少ない馬です。

3着は キタサンブラック

3連勝している割には低評価でしたが地力を見せました。
ブラックタイド産駒らしく切れ味はありませんが
日本ダービーは前残りになる事が多いので
内枠を引いたら要注意の馬です。

4着は ブライトエンブレム

今回は前残りの展開で、この馬には展開が向きませんでした。
加えて田辺騎手が内枠を上手く活かせなかった点も見逃せません。

ネオユニヴァース産駒らしく、パワーに特化したタイプで
日本ダービーでは台頭はないでしょう。

1番人気 サトノクラウン は6着に沈みました。

「敗因は?」と問われると難しい部分がありますが
瞬発力に優れているわけではない馬なので展開に敗れた。

というのが妥当でしょう。

そしてその展開を覆すほどの潜在能力はなかった。
という事です。

今年の3歳牡馬路線は1番人気がとことん勝てていません。
それも1倍台の馬が軒並み敗れているので
絶対的なエースが存在しない世代だといえるでしょう。

日本ダービーの可能性ですが、東京よりも中山向きな事は確かなので
あとは展開面の恩恵を受けられるかどうかに尽きるでしょう。

2歳王者の ダノンプラチナ はまともに走れませんでした。

先行して押し切るタイプなので、外枠で後ろに回されたのが全てです。
この成績をみると距離はもう少し短い方が良さそうなので
日本ダービーよりもNHKマイルCの方が勝機はあります。

今回のレースはドゥラメンテの強さだけが光ったレースでしたが
日本ダービーはどうなるか分かりません。

例年、皐月賞組が強いレースですが

○東京の馬場がどういう状態になっているか
○枠順がどう収まるのか

この2つをしっかりとチェックしておきましょう。