スクリーンヒーロー産駒産駒の傾向と適性|中山と京都どっちがいい?

Pocket

ジャパンカップの勝ち馬スクリーンヒーローの子供が
地味に活躍をし始めました。

2015年は

ダービー卿チャレンジトロフィーを勝った モーリス
シンザン記念を勝った グアンチャーレ
毎日杯を勝った ミュゼエイリアン

と3頭の重賞勝ち馬を出しています。

また、2014年の菊花賞では ゴールドアクター が3着に入るなど
着々と成績を積み重ねています。

この4頭に共通するのはスピードで勝負するタイプではないという点

このあたりはスクリーンヒーローの父親グラスワンダーの血が
影響を及ぼしている産駒が多いと言えるでしょう。

モーリスはパワーが勝ったタイプですが
グアンチャーレ、ミュゼエイリアン、ゴールドアクターはスタミナが豊富なタイプ

一番色濃く能力は引き継いでいるのはスタミナ面だと言えます。

スタミナが問われる競馬場といえば東京、新潟、中京などの左回りコース

現在活躍が目立っているのは中山や京都での走りですが
上の競馬場が決して得意という訳ではないでしょう。

まだこの3つの競馬場で結果を出した馬はいませんが
他の競馬場で活躍している馬がこれらのコースに変われば
もっとチャンスが広がっていくでしょう。

しぶとさが信条の馬が多いのでGIで活躍が出来そうな
インパクトのある産駒はいませんが、
これから大物を出すことを期待したいです。

グラスワンダーの後継種牡馬として、是非血を残して欲しいと思います。