超スローでレッツゴードンキ2冠?2015桜花賞レース回顧

Pocket

先日行われた桜花賞はレッツゴードンキが逃げ切り勝ち

逃げたこの馬の上がり3Fが33.5秒という時計で
後続は為す術がありませんでした。

多くの方が今回のような超スローペースは参考外
オークスは着順が変わるはず。

と言っています。

果たしてそうでしょうか

レッツゴードンキは純然たる逃げ馬ではありません。

ですが、この馬以外に行く馬がいなかった。

フローラステークスで逃げて強い勝ち方をするような
馬が出ない限りはメンバー構成は変わりません。

つまりオークスも同じような展開になる可能性が高い。

そう結論づけられます。

再びスローペースからレッツゴードンキが押し切る

といった想定はしておかなくてはいけません。

2着には クルミナル が入りました。

2番手以降は団子になりましたが
この馬の末脚は光る物がありました。

エルフィンステークスも鋭い瞬発力を使っており、
スローからの上がり勝負は得意である事がわかります。

当然、オークスも有力ですね。

3着は内で粘った コンテッサトゥーレ が入りました。

例年不利とされている内枠が今回は有利に働きました。
瞬発力に欠けるタイプで走りのインパクトも薄く
距離延長も血統面からは微妙、オークスでは買えない馬ですね。

4着に クイーンズリング

この馬も瞬発力で勝負するタイプではないので
もう少しペースが上がってスタミナで勝負出来ると良かったのですが
今回は展開にやられました。

距離延長でどこまでやれるかですが
瞬発力勝負になるとやはり厳しいですね。

人気の ルージュバック は9着と惨敗

展開面もそうですが、少頭数の競馬しかしてこなかったツケが出ました。

今回は不安要素がたくさんあったので
この結果も想定は出来ましたね。

GIも勝っていない状態で凱旋門賞とか歴代最強牝馬とか
ちょっとマスコミに祭り上げられた感がありますね。

オークスは当然巻き返しのチャンスはありますが
桜花賞で揉まれ弱さを見せたので、
不利なく外枠で競馬をしたいですね。

チューリップ賞2着の アンドリエッテ は6着

今回最速の上がりを使っているように瞬発力勝負は得意
馬体も軽いので、距離が伸びるオークスはチャンス有りです。

他ではキャットコイン、ココロノアイも8,10着と惨敗していますが
瞬発力で勝負しないタイプは今回苦しかったですね。

オークスでは前で競馬出来れば巻き返しは考えられますが
差し脚を活かす競馬であるとちょっと厳しいと言わざるを得ません。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。