2015皐月賞出走予定有力馬|サトノクラウン無敗の1冠制覇へ!

Pocket

今週のメインレースはGI皐月賞

牡馬クラシック第一弾のレースです。

昨年はイスラボニータが勝利したレースで
器用さや機動力が問われるレースです。

今年の主役は3戦3勝のサトノクラウン

東スポ杯を勝ったときは勝ち馬を出し抜いたという感じでしたが
弥生賞はハイペースを好位で進め、そのまま押し切るという強い内容。

東スポ杯とはまったく逆のレースを展開しており
どんなレースにも対応出来る点を証明しました。

騎手も福永騎手からルメール騎手へレベルアップ

死角らしい死角が見当たらない本命馬です。

対抗となるのは リアルスティール

スプリングステークスは負けて強しの内容で
末脚は際だっていました。

スピード豊富なタイプで中山よりも東京が向くタイプですが
地力の高さはレース内容からも伺えます。

後方から伸びるタイプなので、あとは福永騎手がどう捌くかがポイントです。
枠順次第では危険な人気馬にもなり得ます。

次に挙げるのは キタサンブラック

スプリングステークスはしてやったりの内容
ただ、こちらも馬も3戦3勝と底は見せていません。

今回多頭数になって逃げが打てるのか?
スタミナタイプの先行馬なので、スローからの瞬発力勝負になると
分が悪い点も不安視されます。

次に2歳王者 ダノンプラチナ 

スプリングステークスでは今一歩の内容でしたが
いかにもトライアルという感じで負担も少ない前哨戦が出来ました。

今回どこまで復調しているか?
またGIのレベルがどこまでだったのか?

この2つがこの馬の取捨を決めそうです。

共同通信杯2着の ドゥラメンテ

前走はリアルスティールに足をすくわれた形で
内容としては王道の競馬をしました。

血統面も重厚で、パワーのあるタイプは
皐月賞という舞台は絶好です。

あとは2ヶ月ぶりのレースという点と騎手です。
特に騎手は前走と同じ石橋騎手では辛いですね。

弥生賞2着の ブライトエンブレム

前走は後方から豪脚を見せた強い内容でした。
中山2000mという舞台はこの馬に合っています。

あとは脚質的に自由が利かない不器用な
この馬がどういった競馬をするかが焦点となります。

こちらも騎手は大きな問題ですね。

弥生賞で惨敗した シャイニングレイ
(出走回避)

前走の敗戦は腑に落ちない内容でしたが
スピードタイプで馬場が重かった点と
展開が苦しかった点が挙げられます。

今回も重い馬場になるようなら必要ないと思いますが
スピードが活きるような軽い馬場なら注意は必要です。

他には京成杯勝ちの ベルーフ

京都2歳ステークス勝ちの ベルラップ

シンザン記念勝ちの グアンチャーレ

など重賞勝ち馬が多数出走してきます。

波乱も十分に考えられる激戦が予想されます。