2015阪神牝馬ステークス想定出走予定有力馬|危険な馬は?

Pocket

今週土曜日に行われるメインレースは阪神牝馬ステークス

ヴィクトリアマイルに向けたステップレース的な位置づけですが
東京芝1600mとは求められる物が違うので
なかなか結果には結びつかないレースです。

出走を予定している有力馬を見ていきましょう。

まず筆頭に挙げたいのはGI3勝馬 メイショウマンボ

4歳からさっぱりの成績が続いておりここが正念場です。
特に昨年のエリザベス女王杯で全く見せ場を
作れなかったのは大きいですね。

誰もがメイショウマンボは終わった
そう思ったのではないでしょうか。

だからこそ狙う価値があります。
おそらく今回は厳しいと思いますが
一叩きしてのヴィクトリアマイルには期待したいですね。

3年前のヴィクトリアマイル覇者 ホエールキャプチャ

こちらも実績は上位ですが、さすがに高齢です。

ただ、ダメだと思われながらも毎年好走を続けているのでマークが必要です。
メイショウマンボ同様、今回は微妙ですが
このレースで大敗しなければ、GIで巻き返すという事も考えられる馬です。

もう一頭、極度に不振に陥っているのは2歳女王 レッドリヴェール

日本ダービーに挑戦してから、この馬のパフォーマンスは成りを潜めています。
ここのところ惨敗が続いており、この馬も人気を落とすでしょう。

しかし、まだ諦める段階ではありません。
ここと次走、どちらかでの復活は考えておく必要があります。

復活の一つの目安としては馬体重が見るといいでしょう。

410kg台とかなり軽量である事は競馬をやる上で致命的に不利です。
今回+20kg以上増やしてくるようなら検討に入れてもいいでしょう。

昨年覇者の スマートレイアー

こちらはもう少し距離があった方が良いタイプですが
阪神競馬場でのパワー比べはドンと来いという馬で
舞台適性という点では他馬を一歩リードしています。

問題は競走馬としての旬を超えている事です。
本命には指名しづらい馬ですね。

海外で好走を続ける ハナズゴール

この馬もレッドリヴェール同様、
小柄な馬で近走は不振にあえいでいます。

地力はある馬ですが、最後方からズドンという競馬が続いているので
展開が向いた場合にどこまで、という評価で十分です。

昨年の阪神牝馬ステークス2着の ウリウリ

この馬はハナズゴールと比較すると
前で競馬が出来る操縦性の高い差し馬です。

昨年の阪神カップでも4着と好走しているように
スピード馬な割には阪神のパワー勝負も苦にしておらず
バランスの良い馬です。

当然、今回も上位争いが出来るでしょう。

明け4歳からは フォーエバーモア と サングレアル

フォーエバーモアはマイル戦よりも1400mが向くタイプ

休み明けの京都牝馬ステークスでは凡走しましたが
もともと瞬発力のない馬で阪神コース替わりはプラス
距離短縮もプラスと好走の要素を備えています。

あとは展開が向けば、一発をかます可能性はあります。

サングレアルも阪神の方が得意なタイプ

こちらはパワー・スタミナに寄ったタイプなので
少し時計がかかる馬場であったり、天候が崩れたりすると
出番は回ってくるでしょう。

決して侮ってはいけない馬です。

各馬を分析してみると分かりますが

上位の実績馬は極度の不振、実績馬は安定して走れない

という非常に難しいレースです。

加えて、適性が偏るコースなので、
馬券を買うなら阪神芝1400mに向く馬を探していきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。