2015桜花賞出走予定有力馬|クラシック初戦の勝ち馬は?

Pocket

今週のメインレースはGI桜花賞です。

2歳女王ショウナンアデラの出走回避は残念でしたが
重賞を勝っている無敗馬が3頭出走するなど
今年は豪華メンバーの予感がします。

その中で筆頭となるのが ルージュバック です。

前走きさらぎ賞では牡馬を相手に完勝

走りの内容も十分で、前でも競馬が出来る事を証明しており
死角らしい死角が見当たりません。

当日は断然人気が予想され、配当的には本命に指名したくない存在ですが
阪神芝マイル戦は能力勝負になる可能性が高く重い印を打たざるを得ません。

2番人気が予想されるのが クイーンズリング

前走のフィリーズレビューは走りの内容からも
明らかに距離が短いと分かるレースでしたが
それでも能力でねじ伏せた点は評価出来ます。

今回200mの距離延長で外回りと好材料が揃います。
1400mを使った事で当日の位置取りも
もう少し押し上げが期待出来そうで、こちらも重い印が必要となります。

もう1頭の無敗馬 キャットコイン

クイーンカップからのぶっつけ本番となりますが
東京でも中山でも勝っているようにレースセンスがある馬です。

今回関西遠征であるという点とクイーンカップからのぶっつけ
というローテーションは不安材料と言えるでしょう。

無敗馬3頭の層は厚いですが、それ以外の馬も実力を備えています。

チューリップ賞を勝った ココロノアイ

2歳時の実績から能力が重賞級である事は証明されている馬。

前走は先行押し切りではなく、差して勝利した点は評価出来ます。
阪神JFでショウナンアデラに完敗した点から
能力がGI級から一歩劣るのは否めませんが
少しでも紛れが起これば上位に来られる実力の持ち主です。

そして天候が崩れたら最も怖い馬ですね。

同じような評価なのが レッツゴードンキ

チューリップ賞は逃げて3着
休み明けで気持ちが前に出た印象ですが
今回を叩いての上積みはココロノアイ以上に期待出来ます。

どんな展開でも上位に来られる末脚を今回は見せてくれるでしょう。

そして無視出来ないのが桜花賞を4年連続で勝っているディープインパクト産駒

当然ディープインパクト産駒にも有力馬がスタンバイしています。

チューリップ賞2着の アンドリエッテ

前走で見せた末脚はココロノアイ以上のインパクトを残しました。
スローペースからの瞬発力勝負となれば
台頭してくるだけの破壊力はある馬です。

ただ、小柄な馬で前走馬体を10kg以上落としてきているので
当時の馬体重には注意をしなくてはいけません。

マイナス体重で出てくるようなら危険視が必要でしょう。

クイーンカップ2着 ミッキークイーン

こちらも前走の末脚は見事でしたが
アンドリエッテ同様、馬体が軽く、マイナス体重での出走でした。

ローテーションとしてはクイーンカップからのぶっつけなので
アンドリエッテと比較すると、この馬の方がリフレッシュして
馬体をパワーアップさせてくる可能性が高いでしょう。

馬体重が20kg以上増えていたら「買い」です。

上位はここまででしょう。

アネモネステークスを勝ったテンダリーヴォイスなどもいますが
今年の上位陣はかなりレベルが高く層が厚いです。

無理な穴狙いは禁物でしょう。