アドマイヤデウス一気に天皇賞の主役へ!2015日経賞回顧

Pocket

先週行われた日経賞はアドマイヤデウス直線一気に抜け出して完勝

春の天皇賞の主役に名乗りを上げました。

父親がアドマイヤドンと地味ですが日経新春杯、日経賞と
この2戦で見せたパフォーマンスは非常にレベルが高いです。

血統が地味な事もあり、天皇賞ではどこまで人気になるかは未知数ですが
距離延長も気性面も問題ない馬で、かなり有力でしょう。

心配なのは「疲労」です。

9ヶ月休み明けで2戦連続激走したので
当然、調子を維持するのは簡単ではありません。

天皇賞の追い切りとなれば陣営は当然強気のコメントを残すでしょうが
鵜呑みにしないように気をつけておきたいですね。

2着には ウインバリアシオン が入りました。

昨年冬は良いところがありませんでしたが
有馬記念から3ヶ月経って、状態が戻ってきたようです。

昨年と比べるとパフォーマンスは落ちますが
GI2着を何回も経験している実力馬

天皇賞にはメイチで仕上げてくるでしょうし
次が最後のGI獲りのチャンスでしょう。

3着には ホッコーブレイヴ が入りました。

昨年の日経賞で鬼脚を見せたように中山2500mは適性がある馬。
今回は人気薄で妙味のある存在でした。

昨年は天皇賞・春でも3着に入っていますが
一線級の馬とは力の差があり、京都での好走は懐疑的です。

最後に追い込んだ4着 サウンズオブアース 

今回の敗因はレースの流れに乗れなかった事で
力負けでない事は明らか

いかにもトライアルらしいレース内容で
本番ではもっといい状態で出走出来るでしょう。

ただ、京都よりも中山の方が良い走りが出来るタイプです。

天皇賞春3連覇を目指す フェノーメノ は8着と惨敗

後方から何も出来なかったレース内容は残念でした。
この内容から天皇賞に向けて巻き返すというのは酷です。

天皇賞では必要なし、と結論づけます。

クリールカイザーは今回は展開が厳しかったですね。

GIで通用するタイプでは無いです。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。