3歳牡馬クラシック展望|皐月賞・ダービーの有力馬を占う

Pocket

先週スプリングステークスが終わり
3歳牡馬クラシックのトライアルが終了

皐月賞・日本ダービーの輪郭が見えてきました。

そこでここでは皐月賞・日本ダービーに向けた有力馬の評価と
レースの展望について話をしたいと思います。

クラシックの主役になるのは サトノクラウン

弥生賞は先行勢が脱落する中、好位から楽々抜け出して完勝
東京でも勝利しているようにオールラウンドプレイヤーですが
中山の方がパフォーマンスは高く、皐月賞は最有力です。

東スポ杯のような後方の競馬にならなければ
かなり確率が高いでしょう。

日本ダービーについては、未知である距離延長との戦いになるでしょうが
弥生賞の走りを見る限りでは、まず大丈夫でしょう。
今年のクラシックの主役となる馬です。

2番手はスプリングステークス2着の リアルスティール

共同通信杯勝ちの内容から分かるように
スピード豊富で軽い走りをする馬です。

皐月賞よりは日本ダービー向きですが
皐月賞も馬場がよほど悪くならなければ問題はないでしょう。

良くも悪くも典型的なディープインパクト産駒で
パワーを要する展開になると苦しい事が予想されますが
瞬発力勝負のような競馬になればチャンスが膨らみます。

3番手は2歳王者 ダノンプラチナ

この馬はディープ産駒らしからぬパワータイプの馬
スプリングステークスは叩き台感がありありで
当然本番は良くなってくるでしょう。

速い上がりはなく、瞬発力勝負には弱いタイプなので
日本ダービーは馬券検討に入らない馬ですが
皐月賞は可能性が高いといえます。

次に挙げたいのは弥生賞で惨敗した シャイニングレイ

この馬は走りが軽いスピード型
前走は見せ場が全くなかったので、皐月賞で巻き返しは正直難しいです。

が、当日の馬場が軽くスピード型が来られる状態なら捨ててはいけません。
そして、皐月賞である程度の走りが出来ればダービーでは巻き返せます。

デビューからの2戦で見せたパフォーマンスはそれくらいの潜在能力があります。

次に共同通信杯2着の ドゥラメンテ

この馬は判断に難しいところがありますが
走りの内容からはスタミナ型で不器用なタイプと判断しています。

器用さが必要となりそうな皐月賞は枠順次第でしょうが
本質的には向いていません。

日本ダービーの方がこの馬の力が発揮されるでしょう。
ローズキングダムのようなイメージですね。

次にスプリングステークスを勝った キタサンブラック

ブラックタイド産駒らしく、スタミナで勝負するタイプで
前走のような競馬が出来ればチャンスがあります。

が、GIでトライアルと同じようなレースになる可能性は薄く
枠順次第では自由な競馬をさせて貰えないでしょう。

人気になるとは思えませんが、買い材料はほとんどありません。

弥生賞2着の ブラックエンブレム

弥生賞は展開が向いたとはいえ、内容の濃いレースでした。

ある程度の位置取りを取れれば、皐月賞でも勝負になりますが
不器用なタイプで後方からの外差しみたいなレースでは厳しいです。

内枠からの内差しが想定される枠順なら穴馬としての魅力は広がるでしょう。
あとは騎手の乗り替わりもほしいところです。

日本ダービーは向かないタイプです。

最後に アッシュゴールド を挙げておきます。

毎日杯の結果次第ですが、血統の深さから成長力は見込めます。
毎日杯で良い走りをするようなら一気に穴馬候補になりますね。

挙げられる馬は以上です。

底力と立ち回りに不安を抱える ポルトドートウィユ

中山適性はあるも不器用な ベルーフ

この辺りは馬券から外して大丈夫です。

馬券という点で注目しなくてはいけない事は

トライアルを含めて今年の3歳牡馬クラシック路線を見ていく中で
一番人気が成績を残せていないという事


それも1倍台レベルの圧倒的な人気馬が勝てていないという事

これは絶対的な主役が不在である事を意味しています。

前走で高いパフォーマンスを見せていても勝てていない。
これは馬券を買う上で覚えておきたいですね。

ちなみに私の予想は皐月賞当日の10時頃
メールマガジンで公開しています。

年間回収率は2年連続で100%超えを達成しており
登録は無料なので、興味があったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック