ゴールドシップ阪神大賞典3連覇、天皇賞春の勝算と可能性は?

Pocket

先日行われた阪神大賞典はゴールドシップが見事に勝利

阪神大賞典3連覇という偉業を成し遂げました。
力の要る阪神競馬場、スローペースになりやすい3000mと
ゴールドシップが最も能力を発揮出来る舞台なら
ここは格が違うという感じでした。

となると、天皇賞・春の勝算は?

という話になってくると思いますが
過去2年の実績が示すとおり、難しいでしょう。

スピード比べには滅法弱いタイプで
年齢を重ねるごとにその傾向が顕著に現れています。

天皇賞・春は長距離ながらスピード比べになるため
ゴールドシップは宝塚記念3連覇を目指す形になるでしょう。

2着デニムアンドルビーは今回はいい走りでした。

ディープ産駒ながらスピードで勝負するタイプではなく
スタミナと持久力で勝負するタイプなので
今回の舞台は苦にならなかったですね。

天皇賞・春で買うタイプではありません。

逆に3着ラストインパクトはスタミナ勝負で負けてしまいました。

こちらは京都の方が力を発揮出来る馬なので
今回出走したメンバーの中では一番天皇賞に近い存在だと言えます。

惜しかったのは4着カレンミロティック

直線で内が詰まる痛恨の不利
これがなければ勝ち負けまであったか
という勢いだったので、負けて強しの内容です。

本質的にはパワータイプですが、天皇賞でも可能性はあるでしょう。

他、人気どころでは重賞連勝中のラブリーデイが惨敗

秋からずっと使い詰めできたのでそろそろ調子も下降線。
天皇賞春はローテーション的にちょっと厳しいですね。

スズカデヴィアスは今回は力負けですね。
展開も味方しませんでした。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。