キタサンブラックが皐月賞へ前進!皐月賞でも逃げを決められるか!?

Pocket

先日行われたスプリングステークスはキタサンブラックが逃げ切り勝ち

有力馬が前に競りかけない理想的な展開となったのが一番の勝因ですが
2,3着馬の名前を見ればフロックでない事がわかります。

皐月賞へ向けての展望ですが、今回と同じように
内枠(1,2枠)を引けばチャンスがあります。

ただ一線級と比較すると能力は一枚割引は必要で
外枠を引いてしまったら厳しい戦いになってしまう馬です。

2着にはリアルスティールが入りました。

共同通信杯で見せたようなスピード感溢れる末脚を披露しました。
中山よりも東京が向くタイプですが、最後の伸びを見ると
皐月賞でも互角に戦える能力の持ち主。

内枠で包まれるような展開にならなければ皐月賞も勝負になるでしょう。

3着ダノンプラチナはいかにも休み明けといった走りでした。

次走で良くなってくるのは明白で
末脚のタイプからダービーよりも皐月賞向き
ゆっくり勝負が出来る皐月賞は絶好の狙い目でしょう。

4着ベルーフはエンジンのかかりが遅いのが致命的でした。

皐月賞では1800mから2000mに距離延長となるので
この馬にとってはプラスですが
あの反応の鈍さではGIでは無理です。

6着ブラックバゴは行き脚がつきませんでした。

末脚の鋭さでは上位に通用しますが
もう少し自在性を身につけないと厳しいでしょう。

皐月賞、日本ダービーでの期待度を序列に並べると

皐月賞

ダノンプラチナ > リアルスティール > キタサンブラック

日本ダービー

リアルスティール > ダノンプラチナ > キタサンブラック

こんな形ですね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。