2015日経賞出走予定想定有力馬|フェノーメノ盾3連覇へ!

Pocket

土曜日のメインレースは天皇賞・春への
前哨戦「日経賞」です。

天皇賞・春を2連覇しているフェノーメノ
いずれもこの日経賞をステップとして天皇賞を勝利しています。

今年も出走を予定しており、注目の存在ではありますが
一昨年、昨年、今年と徐々に臨戦過程が悪くなっています。

特に昨年の秋は得意の東京でありながら、
見せ場無く敗れており、能力の衰えは濃厚。

昨年も5着と敗れており、今年はより叩き台という意味合いが強く
今回は買える馬ではありません。
ここでの走り次第では天皇賞も無理、という結論になるでしょう。

昨年このレースを圧勝したウインバリアシオンもスランプ状態

金鯱賞、有馬記念と全く見所無く敗れた内容から期待は薄いですが
もともと持っている能力は突出した物があり
リフレッシュしてどこまでやれるかは焦点となります。

中山芝2500mという舞台も合いますね。

この2頭よりも注目されるのは菊花賞2着の サウンズオブアース

神戸新聞杯、菊花賞での走りは確かな成長を感じさせる物で
走りの内容、血統から中山芝2500mは問題ありません。

あとは相手関係。
イスラボニータ、ワンアンドオンリーなど古馬の壁に跳ね返され
世代間のレベルが決して高くない中で
成長力のあるこの馬がどこまでやれるかは必見です。

京都記念で鮮やかな勝利を収めた アドマイヤデウス

日本ダービー以来となるレースで鮮やかな内差し
走りの内容、血統と非常に適性が読みづらい馬ですが
成長力はあると見た方がいいでしょう。

新進気鋭の4歳馬は無視出来ません。

AJCCを勝った クリールカイザー

走りを重ねる毎に力をつけてきており、前走は完勝。
少し時計のかかる長距離戦の方が向いている馬で舞台は整っています。

あとは相手関係と展開面。
今回は一線級との対戦になりますが
不安よりも期待が大きいと言えるでしょう。

昨年の日経賞2着の ホッコーブレイブ

天皇賞・春以来不振が続いていますが
力のある走りで中山向きなのは間違いなく
人気が全くないようなら狙って妙味のある馬です。

他には京都大賞典2着の タマモベストプレイ

函館記念覇者の ラブイズブーシェ

など、伏兵も実力差はなく、馬券に絡むチャンスは十分。

好メンバーでの1戦となります。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。