2015阪神大賞典予想|ゴールドシップ1強、今回は盤石か?

Pocket

今日の阪神メインレースは阪神大賞典

天皇賞・春に繋がる伝統のレース。
ここ2年はゴールドシップが連覇を達成しています。

そのゴールドシップは今年も出走

最大のライバルと目されていたトーホウジャッカルが出走回避となり、
今回はゴールドシップ1強という形となりました。

前走のAJCCでは、スローペースで一番不得意な形となり
7着と凡走しましたが、今回は阪神の3000mと替わり
ペースも落ち着く公算が高くなります。

全盛時よりかは力が落ちている印象はありますが
それでもこのメンバーなら力は一枚抜けており
勝利する確率はかなり高いでしょう。

今回も圧倒的な人気が予想され、馬券的にこの馬を本命にするのは
非常に効率が悪いので対抗評価としますが
AJCCよりもリスクは少ないです。

本命は カレンミロティック

阪神の長丁場はスタミナとパワーが必要
今回メンバーを見渡してみると
この必要条件を持ち合わせている馬がこの馬です。

加えてデムーロへの乗り替わり
休み明けも悪い材料ではなく天皇賞よりもここで勝負すべき馬です。

対抗はもちろん ゴールドシップ

3番手は フーラブライド

この馬は牝馬ですが、パワーとスタミナが優れているタイプ
牡馬混合戦でも互角に戦えるメンタルを持ち合わせており
当然軽視は禁物です。

実力馬 ラストインパクト も当然外せない1頭でその次

最後に展開が向けば前残りがありそうな スズカデヴィアス

ラブリーデイは昨年からずっと走りっぱなしで疲労が心配な点と
阪神3000mに適性が向かない点から外します。

デニムアンドルビーも今回は敬遠します。

予想以上に馬券の買い方が難しいレースですが
人気面を考慮しながら買わないと買う意味がなくなります。

カレンミロティック・ゴールドシップからの3連単マルチ流し

カレンミロティック単勝

カレンミロティック・ゴールドシップ・フーラブライドの馬単ボックス

この辺りから選択していきたいと思います。