バウンスシャッセは中山巧者|2015中山牝馬ステークス回顧

Pocket

先日行われた中山牝馬ステークスでは
バウンスシャッセが外から差しきり勝ちを収め
同舞台で行われたフラワーカップ以来の勝利を飾りました。

この馬はオークス3着という実績がありますが
ゼンノロブロイ産駒にしては珍しいパワー型の馬で本質的には中山巧者です。

気性面はムラでいつも力を発揮出来るタイプではありませんが
能力は重賞級で力の要る馬場なら常にマークを外してはいけません。

ヴィクトリアマイルについては距離もコースも適性外で
馬券を買う必要はないでしょう。

2着アイスフォーリスは地力を見せました。

こちらはステイゴールド産駒としては珍しいスピード型の馬で
中山が向くタイプではありませんが
常に自分の力は出せるタイプなので
今回のメンバーで展開も恵まれれば、こういった結果もあるでしょう。

3着パワースポットは展開に助けられた点が大きいです。

今回のレースは1~5番手集団にいた6頭が
結果的にはワースト6を独占するような形となるほど
差し馬有利の競馬となりました。

そういった意味では今回の着順を額面通り受け取るのは危険です。

ブランネージュはその先行集団にいて飲み込まれる形になりましたが
内容的には不甲斐ない内容でした。
もともとこの馬は中山が向くタイプではないので
京都コースで出走するときにはマークしておきたいですね。

同系では一番食い下がったのはマイネグレヴィル
こちらは牝馬限定重賞ならどこかで穴を空けそうですね。