クイーンズリングは桜花賞で可能性あるか|フィリーズレビュー回顧

Pocket

先日行われたフィリーズレビューはクイーンズリングが
外から豪快に差しきりました。

展開が向いた形でもなく、他のメンバーとは一枚以上力が違いました。

これで3戦3勝、問題は桜花賞・オークスでどこまでやれるか
という事に焦点が移っていきます。

結論から言うと桜花賞よりもオークスの方が可能性は高いです。

根拠の1点目としてはフィリーズレビューで見せた反応です。
力の違いで差しきったものの1400m戦としては鈍い反応でした。

これは長距離馬が短距離を走ったときに見られる反応で
この馬の適距離がもっと長い事を示しています。

もう1点は馬体重です。
今回マイナス20kg以上で勝ちきりましたが
体重は正直もっとあった方がいいです。

特に短距離はパワーが必要となるので
今の馬体重では馬力負けする可能性が高く
短距離よりも長距離がいいでしょう。

人気が予想される桜花賞は切って、
人気が落ちたオークスに狙う。
現段階ではそんな形がベターです。

2着にはペルフィカが入りました。

阪神競馬場で内を伸びた内容は評価出来ます。

力で押し切るというよりも混戦に強いタイプでしょう。
多頭数となるGIでこそ期待できる馬です。

3着ムーンエクスプレスは展開のアヤで負けた形で
地力は間違いないでしょう。

ただ、フィリーズレビューの走りを見ても
1400m以下の方が高いパフォーマンスを出せるタイプで
桜花賞は非常に厳しいという評価です。

その他、人気どころを見てみるとコートシャルマンが惨敗

過去のレースを見てもパフォーマンスが高かったわけではないので
レベル的に頭打ちになったという事でしょう。

桜花賞を見据えるならペルフィカ

オークスを見据えるならクイーンズリング

そんな適性を見せたフィリーズレビューでした。