2015阪神大賞典出走予定有力馬|ラブリーデイ3連勝はある?

Pocket

今週のメインレースは阪神大賞典とスプリングステークス

ここでは阪神大賞典を取り上げます。

例年GI級の馬が出走してきて少頭数というパターンが多いレースですが
今年も例にもれず同じようなパターンとなりました。

その中で主役はGI5勝馬の ゴールドシップ

前走のAJCCは思わぬ敗戦を喫してしまいましたが
スローペースで捲りが通用しないという
苦手なパターンとなっただけで力負けという事ではありません。

阪神大賞典は2連覇中で死角らしい死角は見当たりません。

相手筆頭は菊花賞馬 トーホウジャッカル

菊花賞の内容は強いの一言。
ハイペースの中を好位から押し切ったあたり
スタミナは豊富で今回の舞台も問題ないでしょう。

問題は相手関係ですが、成長力がある馬で不安よりも期待が大きいでしょう。

重賞連勝中の ラブリーデイ

前走はキズナ、ハープスターという超一流を相手に勝利
この馬自身、今が充実期です。

後は阪神芝3000mという舞台が向くかどうか

過去の走りから見ると決してプラスとはいえない舞台
今回は人気も上がりそうで、美味しくない存在ですね。

前走ラブリーデイに2着した スズカデヴィアス

こちらは地力が一枚劣る存在ながら
先行力を備えており、展開が向けば上位陣に牙をむくことが出来る馬です。

この馬が作るペースがレースを作りそうです。

地力面では上位と戦えるのは ラストインパクト

有馬記念では後塵を拝しましたが、年末はG2を連勝
走りの内容も格段によくなり本格化してきました。

阪神芝3000mという舞台は適性外ですが
その地力の高さから今回も侮れない存在でしょう。

宝塚記念2着の実績がある カレンミロティック

こちらは香港ヴァーズ以来の出走となりますが
仕上がり状態は焦点となるでしょう。

力の要る馬場の方が走るタイプなので
舞台は合うでしょうが、馬体重などの見極めは必要です。

デニムアンドルビー、フーラブライドなど牝馬の実績馬も参加していますが、
馬券検討が出来るのはカレンミロティックまででしょう。