2015中山牝馬ステークス予想|人気と馬体重に注目!?

Pocket

今日の重賞レースは中山牝馬ステークスとフィリーズレビュー

ここでは中山牝馬ステークスを取り上げたいと思います。

今回トップハンデが54kgという珍しいハンデ戦となりました。
このレベルであれば、ハンデはあまり考えなくてもいいでしょう。

そして舞台は中山芝1800m

この舞台はコーナーを4つ回るコースで
後方一気はまず届きません。

妙味があるであろう人気馬は外枠に行きました。
道中のポジションがどうなるかは始まってみないとわかりませんが
後方から差してくるとなると妙味がありません。

原則として狙うべきは機動力のある先行馬です。

本命は マイネグレヴィル です。

逃げても踏ん張れず、という内容のレースが続いていますが
中山芝1800mではフラワーカップ2着の実績があり
ブライアンズタイム産駒らしく力の要る馬場が得意。

今回は全くのノーマークですし、一発を期待します。

対抗は バウンスシャッセ

フラワーカップではマイネグレヴィルを下して勝利
近走は不振が続いていますが、地力は今回のメンバーでも上位。

そして今回田辺騎手を乗せてきたあたり、陣営の勝負気配を感じます。
中山向きのパワー馬で、もし人気がなければこちらを本命にしてもいいでしょう。

3番手は グレイスフラワー

ダイワメジャー産駒にしては珍しくスピード競馬で結果を出してきた馬ですが
勝つ時の競馬内容は実に鮮やかで、先行押し切りの脚質も交換が持てます。

今回はコースが変わり、競馬内容が大きく変化する事が予想されるので
不安点が多い点で3番手評価としました。

以下、最内でロスのない競馬が出来そう フレイムコード

展開に不安があっても実力がある シャトーブランシュ

フェアリーステークスを勝った オメガハートロック

最後に今回が引退戦となる ウイングドウィール

この6頭を相手に取りたいと思います。

5枠のアイスフォーリスとブランネージュは
スピード競馬に適性がある馬達で
中山でのレースは向かないとみて、今回は切りました。

マイネグレヴィルは全く人気がないと思われるので

単系の馬券で攻めたいと思いますが

逃げての粘りを期待してワイドもしくは3連複の抑えは買っておきたいです。