重馬場で買うならステイゴールド産駒|2014チューリップ賞回顧

Pocket

先日行われたチューリップ賞はココロノアイが中団から差しきって勝利

最大の要因は馬場。
ステイゴールド産駒全般に言える事ですが
重馬場だと異様な強さを発揮します。

もちろんココロノアイ自身も今回のメンバーでは
地力上位であったことは見逃せません。

ショウナンアデラとは既に勝負付けが済んでいるので
当日よほど馬場が悪化しない限りは勝ちは難しいでしょう。

3着レッツゴードンキについても同様の事が言えますが
今回逃げという脚質を試した事で
次走に向けて新しい引き出しを増やしました。

現段階ではココロノアイよりもこちらを上位に取りたいですね。

2着アンドリエッテはこの馬場でよく追い込みました。

前走馬体重を減らしての今回の激走なので
能力は1,3着馬よりも高いと判断出来ますが
激走が2回続き、桜花賞ではその反動の方が不安です。

3番人気のロカは4着

ハービンジャー産駒の重馬場適性はまだ計れないですが
今回のロカの走りはインパクトが薄いものでした。
今後もハービンジャー産駒の重馬場での走りを見ていきたいと思います。

2戦2勝のディープ産駒クルミナル、コンテッサトゥーレ
いいところがなく惨敗。

クルミナルは走りが軽いので、今回の馬場+内枠の不利を克服出来ませんでした。
桜花賞は良馬場+外枠なら見直しは可能です。

コンテッサトゥーレも馬場は苦手のようです。
加えて鞍上の乗り替わりも非常に大きかったですね。

瞬発力に欠けるタイプで一線級との戦いは分が悪い点も明白
桜花賞では難しいでしょう。