2015フィリーズレビュー出走予定有力馬|桜花賞は無理なメンツ?

Pocket

今週の阪神メインレースは桜花賞トライアルフィリーズレビュー

先週のチューリップ賞はルージュバック、ショウナンアデラへの
挑戦者決定戦という位置づけで一線落ちるメンバー構成だと話をしました。

が、今回登録されているメンバーをみると
チューリップ賞よりも断然レベルが下がる印象で
どの馬が勝っても桜花賞での出番はないでしょう。

桜花賞を狙うというよりも阪神芝1400mが得意で
ここで賞金を稼ぎたいという馬を狙うべきでしょう。

最初に注目したいのは阪神JF4着のムーンエクスプレス

差し馬が優勢だった阪神JFの中で先行しての4着

このレース内容は非常に価値が高く、能力がある馬だと言えますが
アドマイヤムーン産駒らしく軽い走りをする馬で
阪神芝1400mという舞台は向かないでしょう。

阪神JF6着のコートシャルマン

1600mだとパフォーマンスが一枚落ちる印象ですが
今回、距離が200m短縮されるのは好材料

小倉2歳ステークス勝ちの オーミアリス

末脚に賭けるタイプの馬で能力はそこそこといったところ
舞台傾向からは大外一気のような展開が厳しいので
今回奇襲で先行策をとるようなら見限れません。

小倉2歳ステークス2着の レオパルディナ

スピードが勝ったスプリンターでマイルからの短縮は歓迎ですが
やはりベストのパフォーマンスは1200mでしょう。

ファンタジーステークス勝ちの クールホタルビ

人気薄からの重賞勝ちは先行押し切りでのもの
先行馬ながらズブさも持っており、阪神の馬場もこなせそうです。
後は根本的に能力が足りるかどうかです。

ファンタジーステークス2着の ダノングラシアス

この馬は前走阪神ジュベナイルでの敗戦があまりにも悪い点が気にかかります。
ファンタジーステークスの内容もさほどいいとは言えず
常識的には馬券に入れづらい馬です。

フェアリーステークス3着のデンダリーヴォイス

力の要る中山コースでの好走歴がある点は心強く、
期待はありますが、ディープ産駒の典型的なタイプは
活躍しづらい舞台設定。

フェアリーステークスの内容からも本命は難しいでしょう。

その他には、2戦2勝クイーンズリング、2連勝中のベルフィカ
阪神JF6着のスマートプラネットなど
ちょっとした事で着順が入れ替わりそうな不安定なメンバー構成だと言えます。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。