2015弥生賞予想|シャイニングレイに重馬場適性はあるか?

Pocket

今日のメインレースは弥生賞

皐月賞に繋がる最重要ステップレースです。

今年はクラシック最有力候補の呼び声が高いシャイニングレイが出走します。

前走のホープフルステークスは先行から抜け出して完勝
ディープインパクト産駒にしては瞬発力ではなく持続力で勝負するタイプで
持ち味の機動力は中山2000m向きだと言えます。

ただ、過去2戦は前残りのレース展開

ペースが乱れた時、早めに競りかけられた時にどういう競馬が出来るかは未知数
母シェルズレイも自分のペースでいかないと脆い馬だったので
絶対的な信用は禁物です。

加えて、当日は雨が降りそうですがそのあたりの適性はどうでしょうか

私は心配ないと見ています。

根拠は2つ

○中山競馬場でのディープインパクト産駒の重馬場成績が悪くないという事

○母父クロフネ産駒が重い馬場をこなせる馬だったという事。

そして内枠もプラスです。
ここまで揃うとさすがに印を落とせないので、今回は対抗とします。

本命は クラリティスカイ です。

こちらは厳しいレース展開を経験している点が心強いです。
先行できる脚質もいいですし、このメンバーに入っても実績は見劣りません。

中山は初めてですが、スピードに優れたタイプではなく適性の心配はいりません。
外枠は残念ですが、11頭立てならさほど問題になりません。

弥生賞は瞬発力が必要ない舞台で自分の力は出してくれるでしょう。

対抗は シャイニングレイ

3番手は ベルラップ

シャイニングレイ以下は評価が落ちますが
ハーツクライ産駒は中山2000mの成績が良い点
内枠で先行できる馬という点を評価しました。

以下、タガノエスプレッソ、グァンチャーレ、タケルラムセス、コメート

この4頭を相手にとりたいと思います。

サトノクラウンは2戦とも後方からの競馬で
走りのインパクトは弱く、まだ未知の馬。

ここは人気になりそうなので、切ります。

同じく人気になりそうな トーセンバジル も
前走の走りはインパクトに欠ける内容でした。

2走前の紫菊賞の方が良い内容で
現状軽い馬場の方がいいと判断してこちらも切ります。

ブライトエンブレムも不器用な馬なので、ここは外します。

馬券は人気を見てからという事になりますが

クラリティスカイからの馬券か

クラリティスカイ、シャイニングレイからの馬券か

妙味のある買い方をしたいと思います。