2015チューリップ賞予想|クルミナル、コンテッサトゥーレは?

Pocket

今日の阪神メインレースはチューリップ賞

言わずと知れた桜花賞の最重要トライアルレースです。

今年はルージュバック、ショウナンアデラと関東馬2頭が抜けており、
その2頭への挑戦権をかけた一戦という印象ですが
興味深い馬達が登録してきました。

注目は桜花賞を4連勝しているディープインパクト産駒

中でもエルフィンステークスを圧勝したクルミナル
抜群の瞬発力を見せ、ここでも人気は必至です。

今回相手がグッと強くなり、ここで真価が問われる一戦ですが
内枠を引いてしまった事はマイナス

池添騎手も近年大きなレースでの活躍は皆無で
人気ほどの信頼感はありません。

相手の1頭とします。

もう一頭の有力馬コンテッサトゥーレ

こちらは瞬発力にはかけますが、持続する末脚が持ち味
京都から阪神への舞台替わりは歓迎で
血統面からも期待は出来る馬です。

が、北村友騎手への乗り替わりはあまりにも痛すぎます。
今回は馬の総合力がワンランク下がってしまいました。

こちらも相手の1頭とします。

本命は ロカ です。

前走は差しが届かず、ミッキークイーンにも差されるインパクトの薄い内容でしたが
そもそも得意ではない東京の舞台ではこんなものでしょう。

ハービンジャー産駒らしくパワーが勝ったタイプで
鞍上も和田騎手からMデムーロ騎手への乗り替わり

これだけプラス条件を重ねて出走したのはメンバーでこの馬だけです。
出遅れのリスクはありますが、迷わず本命に推します。

対抗は レッツゴードンキ

メンバー中、最上位の実績を持っており、
末脚の破壊力は安定感抜群。

勝ち切るまではどうかと思いますが
馬券圏内という意味では一番信頼感の高い馬です。

3番手は ココロノアイ

こちらもレッツゴードンキと同じくらいの実績を持っています。
能力的にわずかにレッツゴードンキに劣るので3番手の評価です。

続いて、クルミナル、コンテッサトゥーレ

最後にデビュー戦の内容が素晴らしかった ノーブルリーズン

この馬は前走のエルフィンステークスを取り消しとなり
今回は人気がさっぱり無くなりました。
こういう時こそ狙い目です。

ロカの単勝と頭1着固定の3連単5頭流し

抑えでワイド5点という形で攻める予定です。