2015弥生賞出走予定有力馬|シャイニングレイ、クラシック主役へ

Pocket

今週中山競馬場で行われるメインレースは弥生賞

3歳クラシック初戦皐月賞を迎えるにあたって
最も重要ともいえるレースです。

今年は少頭数ながら色々な路線から豪華メンバーが揃いました。

その中でも主役を張るのはホープフルステークスを勝った シャイニングレイ

成績は2戦2勝ながら共に完勝
中でも前走のホープフルステークスは高いパフォーマンスでした。

あとはメンバー構成、終わってみるとホープフルステークスは
ブラックバゴ、コメート、ソールインパクト以外は
それほど大成をしていないメンツ。

今回は各路線から重賞勝ちの強豪が集まってきたので
そこでどれだけのパフォーマンスを見せられるか注目です。

ここもクリアするようなら本物でしょう。
間違いなく皐月賞の最有力候補となります。

筆頭一番手は関東期待の星 サトノクラウン

こちらもシャイニングレイ同様2戦2勝
東スポ杯ではアヴニールマルシェを交わしており、能力を感じさせます。
が、出し抜けを食らわせた感じで能力はまだ未知数

血統面でも父Marju、母父Rossiniと正体を掴みづらい馬
シャイニングレイ以上にここが勝負となります。

次に今年のシンザン記念を勝った グアンチャーレ

前走は絶妙のタイミングで抜け出しを図り重賞初制覇

精神的にまだ荒削りで、走りのパフォーマンスからもスケールには疑問ですが
脚質は自在性があるタイプで中山2000mの舞台は悪くありません。

他に昨年重賞を勝った馬が3頭います。

京都2歳ステークスを勝った ベルラップ

こちらは先行して粘る事で持ち味を発揮するタイプ
今回は休養明けとなりますが、昨年の走りを見てみると
平坦の京都に適性があります。

今回中山2000mとこの舞台でどこまでパフォーマンスを見せられるか
苦戦必至ですが、成長力豊富なハーツクライ産駒がどこまでやれるか注目です。

札幌2歳ステークスを勝った ブライトエンブレム

朝日杯では惨敗しましたが勝ち馬との差は0.5秒
札幌2歳ステークスの勝ち方は強烈で、まだ見限るには早い存在。
ネオユニヴァース産駒のパワー型で中山は間違いなくあります。

ただ、後方から脚を溜めないと競馬が出来ない不器用なタイプで
開幕2週目の弥生賞という舞台では不利である事も事実です。

デイリー杯2歳ステークスを勝った タガノエスプレッソ

朝日杯では先行できず、持ち味を発揮できませんでしたが
デイリー杯のような競馬が出来ればここでも大駆けは可能
鞍上にも注目です。

他には朝日杯でタガノエスプレッソ、ブライトエンブレムに先着した クラリティスカイ 

この馬は先行できる馬で今の中山2000mという条件はピッタリです。
重賞勝ち馬よりも怖い存在だと言えます。

ホープフルステークスで2着した コメート

まだ底を見せていないハービンジャー産駒 トーセンバジル

登録は11頭ながら外れの無い強豪ひしめくレースとなりそうです。