2015フェブラリーS回顧|コパノリッキー骨折で主役変わる!?

Pocket

先日行われたGIフェブラリーステークスはコパノリッキーが完勝

コーリンベリーが出遅れるという波乱含みのスタートの中で
アドマイヤロイヤルが行く気を見せると
すっと2番手につけて折り合ったレースセンスの高さ

直線に入ってじわりじわりと伸び
後続を完全に押さえつける強さ

ダートチャンピオンとして相応しいレースでした。

レース後骨折が判明し、しばらくは休養となりますが
ホッコータルマエとコパノリッキーの2強
という状態は2015年のダート界は変わらないと言えます。

2着には期待したインカンテーションが入りました。

すっと先行して、直線も手応えが悪いながらもジリジリのびて2着
ペース判断やポジション取り、直線での粘りは
内田騎手に替わった事のプラス効果が出ました。

今後も内田騎手とタッグを組んでほしいですね。

3着は差したベストウォーリアが入りました。

今回は人気過剰気味でしたが、見事人気に応えました。
3着で終わる辺りはこの馬の地力という感じで
GIを勝つには少し難しい馬でしょう。

4着は一昨年の覇者グレープブランデー

ここ最近はいい走りをしてきましたが
今回も自分の走りが出来ました。

完全復活となると微妙ですが、重賞であれば
勝ち負けできるだけの調子には戻っていそうです。

上がり最速の脚を使ったローマンレジェンドは5着

内を突くという岩田騎手の好判断がありましたが
結果内枠が響いたという事が言えます。

今回の条件で良く走ったと言えるでしょう。
もう少し軽い馬場の方が良い馬ですね。

2番人気ワイドバッハは6着

スムーズに差してこられませんでしたね。
追い込み馬は常にこのようなリスクがあるので
今回の結果は仕方がないでしょう。

レース全体としては前残りの競馬となったので
今回負けてしまったカゼノコやサンビスタなどは
まだコパノリッキー以外とは決着がついていないと言えます。

次走、人気薄で出走してくるようであれば、買える馬です。