コントレイルは危ない!?2021天皇賞秋でコントレイルを危険する理由を挙げてみた。

Pocket

今回は天皇賞秋で1番人気になることが予想されるコントレイルについて
2021天皇賞秋において危険な人気馬となりうる理由を説明していきたいと思います。

競馬予想の参考にして下さい。

 

 

どうも、MOTOです。

今週は今シーズンでも最も盛り上がりそうな3強の戦いという事で
がっつりと競馬の話題をしていこうかなと思います。

今週の重賞で最も危険なデータを持つ
消し馬の情報はコチラ ⇒ 人気ブログランキングへ

 

今年の天皇賞秋はコントレイル、グランアレグリア、エフフォーリア

この3頭の戦いになりそうですね。

その中でも1番人気に推されそうなのが、3冠馬のコントレイルです。

大阪杯以来の出走という事もあって
多くのファンはコントレイルの素晴らしい走りを期待しているかと思いますが

私は3強の中では一番下の評価をしています。

 

その大きな根拠となるのが「ザ・ディープ産駒」という
パフォーマンスの推移にあります。

 

ディープ産駒の年齢別成績を見てみると

2歳時が一番成績が良く、そこから3歳、4歳、5歳、6歳と
綺麗に成績が下がっている事が分かります。

詳細なデータはブログに書いてあるのでそちらをご覧下さい。

ディープインパクト産駒は成長力の乏しい早熟タイプが多い種牡馬である

 




 

年齢を重ねるごとに成績が下降していくという事は
早熟傾向にあると言えますが

私の感覚としては「早熟」というよりも「消耗」という感じです。

ディープ産駒は父親譲りにスピード、瞬発力を持った馬が多く
競走能力が高い馬が多いのは皆さんご存知だと思います。

その有り余るスピードを繰り出すのには体に負担がかかるため
徐々にそのスピードを出せない体質の弱さを抱えてしまい
年齢と共に成績が下がっている。

このような解釈をしています。

 

コントレイルのレースぶりを見てみると
最も強烈なパフォーマンスだった東スポ杯を経て
皐月賞、日本ダービーと強い競馬を見せながらも
秋シーズンにはパフォーマンスが下がっています。

そして、なまじ2冠を取ってしまったが為に菊花賞に出走する事になり
アリストテレスとの大接戦の末、菊花賞を勝利。

ここで休んでおけば、まだ回復の余地はあったかもしれませんが
その後、強豪が集まるジャパンカップに行ってしまいました。

走りの内容としてはアーモンドアイに対してガチンコ勝負を仕掛ける形ではなく
展開の利で一発を狙うような直線勝負での競馬

ここでコントレイルは身体的に大きなダメージを負ったと思っています。

 



 

大阪杯は特殊馬場だった為、ここでの内容については
良いも悪いも言えませんが、私の中では

コントレイルはもうピークを過ぎた馬

という評価をしているので、ここは今までよりも
ワンランク下のパフォーマンスに終わってしまうのではないかと思います。

カレンブーケドールやワールドプレミアだったら
それでも戦えるのではないかと思いますが

グランアレグリアやエフフォーリアを相手にして
ワンランク下のパフォーマンスを見せてしまうと
さすがに勝てないのではないかと思っています。

さて、結果はどうなるでしょうか…

楽しみですね。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ