2015中山記念出走予定有力馬|イスラボニータは早熟?

Pocket

今週のメインレースは中山記念と阪急杯

ここでは中山記念に出走を予定している有力馬の紹介と
評価をしていきましょう。

まず最初に注目したいのは大物の4歳馬2頭

皐月賞馬イスラボニータはジャパンカップ敗戦後となりますが
武器である機動力は中山向き

特にコースが4つある中山1800mは
器用なイスラボニータにとっては絶好の舞台です。

後はこの馬が成長力を持っているかどうか

今まで大物を出せなかったフジキセキ産駒の中で
初めての存在なので、この辺りは正直未知数です。

人気は必至で外すならここ、という考え方も出来ます。
順調なら一番信頼できる存在でしょう。

対するはオークス馬ヌーヴォレコルト

秋華賞、エリザベス女王杯と僅差の2着で
力上位は間違いのないところ

こちらはハーツクライ産駒で成長力のあるタイプ
馬自体の能力は変わらない、もしくはプラスがありますが
ポイントは牡馬との実力比較と中山1800mに対応できるかどうか

古馬牝馬が牡馬と戦う時は必ず牡馬と戦えるかが問題となりますが
ヌーヴォレコルトは大丈夫である可能性が高いタイプ。

この要素で人気を落とすようなら狙える存在です。

馬券的にはこの2頭が中心となりますが伏兵も多種彩々

最初に挙げたいのは中山巧者のロゴタイプ
根岸ステークスの挑戦は愚かとしか言いようがありませんが
この挑戦でリズムを崩していなければ好走は可能。

切れる脚がなく、先行して押し切るタイプで
最大の武器である機動力を活かせる舞台。
無視してはいけない馬です。

前走で念願の初重賞を獲ったステファノス

実力・潜在能力で言えば上位2頭に通用するものがあります。
あとは中山1800mというトリッキーなコースが
この馬の脚質に合うかどうか

鞍上と枠順に注目です。

これ以下は少し実力が空く形ですが

日本ダービー3着馬のマイネルフロスト
中山コースの走りは高い適性があります。

中山金杯6着、AJCC4着と走りの内容も安定しており
今回一番狙える穴馬だと言えます。

もう一頭、日本ダービー、菊花賞4着のタガノグランパ

マイルに距離を戻して2戦連続10着ですが
0.8秒、0.5秒と着順ほど負けていません。

距離を戻してそろそろリズムも戻る頃で
能力だけの比較では無視が出来ません。

さすがにこれ以下になると力差が空いてしまうので難しいでしょう。

少数ながら関東の精鋭がそろった好メンバー

楽しみにしましょう。