2015フェブラリーS予想|コパノリッキーが強いのは承知だが…

Pocket

今週のメインレースは今年初のGIとなるフェブラリーステークス

メンバーは例年と比べて少々小粒に映りますが
やはりGIとなるとワクワク感が広がります。

1番人気は間違いなく コパノリッキー でしょう。

昨年の覇者であり、地方を含めるとGI3勝馬
そして前走の東海ステークスは0.7秒差の圧勝

死角らしい死角は見当たらない大本命馬です。

が、暮れのチャンピオンズカップでは12着と大敗
これ以外は常に連対と安定した走りを見せていますが
逃げ馬が崩れた時の脆さが同居している馬である事は間違いありません。

勝つ確率の一番高い馬である事は間違いありませんが
断然人気が予想されるここは軸にしていい馬ではありません。

単勝3倍以上あれば考えますが、1倍台なら馬券から切ります。

と、ここでフェブラリーステークスの過去の成績から傾向を紐解くと
外枠が圧倒的に有利で、ダート戦にしては差し馬が好成績を残しています。

その点を踏まえて

本命は インカンテーション です。

対抗馬と本命を迷いましたが、何といっても魅力的なのは内田騎手への乗り替わり
今まで大野騎手が手綱をとってきましたが、正直ひどい内容の騎乗ばかりでした。

前走の出遅れ、チャンピオンズカップのポジション取り
勝利したラジオ日本賞でのポジション取りから競馬内容など
この馬の能力を目減りさせた走りをしていた事は疑いようがありません。

シニスターミニスター産駒らしく平坦コースに適性のある馬で
東京コースが不安である馬ですが、
内田騎手で爆発してくれる方に期待します。

外枠もプラスですね。

対抗は ワイドバッハ

最後まで本命に迷った馬で、末脚の爆発力は間違いない馬
今が旬で複勝圏に入る確率という点ではこの馬に分がありますが

2番人気濃厚で期待値を下げた点と
内田騎手への乗り替わりの大きさを選択した点から
対抗となりました。

力のある馬です。

3番手は ワンダーアキュート

さすがに9歳馬という事で力の衰えを不安視してしまいますが
チャンピオンズカップでは前残りの競馬を差して5着
東京大賞典は馬場が悪かったので参考外と出来る一戦。

年齢から人気を落とすのであれば当然買いの馬です。

昨年の鳳雛ステークスの内容が秀逸で
前走の川崎記念で好内容だった カゼノコ

牝馬とは相性の悪いレースながら
チャンピオンズカップ4着で地力を見せた サンビスタ

軽いダートでパフォーマンスを上げる可能性がある
地方のスーパースター ハッピースプリント

最後に2年前の王者で着順ほど内容が悪くない グレープブランデー

この6頭を相手に取りたいと思います。

インカンテーションの単勝

そして相手6頭への馬単とワイドで勝負をしたいと思います。