2015ダイヤモンドステークス予想|フェイムゲームは連覇なるか?

Pocket

今日の重賞レースは府中で行われるダイヤモンドステークス

東京3400mという長丁場で、この形態として行われる唯一のレース

過去のレースを振り返ってみても
枠順や展開に偏りがなく、非常に難解なレースです。

主役は昨年の覇者 フェイムゲーム

昨年のアルゼンチン共和国を勝ち、東京の長丁場では実績のある馬。
今回も人気が予想されますが、トップハンデの58kgで
1番人気必至となると、少々買いづらい存在です。

当然切れない馬ですが、相手の1頭とします。

代わりにどの馬をピックアップするのか悩ましいところですが
過去5年のレースを見てみると高い回収率を見せているのが逃げ馬

2012年には15番人気ケイアイドウソジンが勝ち
2010年には10番人気ドリームフライトが3着

狙ってみるなら逃げ馬に妙味があります。

加えて、年齢別の複勝率を調べてみると
各世代が10%台なのに対して、4歳馬は43.8%と高い数値を調べています。

本命は シャンパーニュ です。

メンバー中唯一の4歳馬で逃げもしくは番手で競馬が出来る馬
前走の万葉ステークスも4コーナーから勝ちに行く競馬で
後続に詰め寄られてももうひと伸びする好内容でした。

連対か2桁着順か、みたいな競馬が続いていますが
好走する方に賭けてみたい馬です。

対抗は カムフィー

前走は出遅れて後手の競馬となりましたが
ダンスインザダーク産駒らしく長距離に適性があり
相手なりに走るタイプ。

51kgのハンデも手頃でここは買い時でしょう。

3番手は ステラウインド

前走万葉ステークスを勝った馬
パンチ力不足である事は気になりますが
東京コースは得意でここも好走必至でしょう。

長距離が得意なディープ産駒 ファタモルガーナ

逃げで行った行ったがある ネオブラックダイヤ

叩き一変は疑問も天皇賞5着の実績がある タニノエポレット

最後に昨年の覇者 フェイムゲーム

この6頭を相手に取ります。

シャンパーニュの単勝と相手6頭への馬単とワイド

上記の買い方で馬券を購入する予定です。