2015京都記念レース回顧|ハープスターとキズナは終わった?

Pocket

先週行われた京都記念はハープスターとキズナがまさかの沈没

キズナは骨折明けの長期休養明けであの程度の負け方は予想が出来ましたが
ハープスターは中団からの競馬を試みたものの、何も出来ないまま惨敗

キズナは大して気にする必要はないのに対して
ハープスターは深刻な負け方でした。

ハープスターの次走はドバイシーマクラシックとのことですが
追い込みに戻したところでどこまでやれるか
とりあえずあと1走を見てみないとわかりません。

現段階で終わったと判断するのは時期早尚です。

キズナの方は能力落ちを気にする必要はないんですが
次走の天皇賞・春がこの馬の適性外の舞台

昨年の教訓を生かして上手く乗らない限り難しいでしょう。

勝ったのは3番人気ラブリーデイ

展開に恵まれた点とハープスターが自滅した点での勝利で
GI級の力があるかというと疑問です。

直線の切れ味も乏しく、スタミナ勝負になるようなレースで買える馬です。

2着にはスズカデヴィアス

こちらも展開に恵まれての着拾い
G3レベルでは好走出来るだけの力はありますが
それ以上レベルが上がってしまうと苦しいでしょう。

4着レッドディヴィスも消耗戦のようなレースになれば出番はあるでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。