ヴァンセンヌ安田記念、マイルCSの可能性は?東京新聞杯レース回顧

Pocket

先日行われた東京新聞杯はヴァンセンヌが
連勝中の勢いをそのままに勝利

最後はアルフレードに詰め寄られましたが
道中ずっとかかりっきりであった事を考えると
まだまだ良いパフォーマンスが出来るはずです。

走りのスケールとしてはもう一歩足りないですね。

安田記念、マイルチャンピオンシップを目指すのであれば
もう一つ壁を乗り越えて成長する事が必須となります。

母親がフラワーパークなので、1200mでの走りも見たいですね。

2着には2歳王者アルフレードが入りました。

1頭外から差してきた内容は評価出来ます。
地力については半信半疑ですが
あれくらい走れる能力がある事は分かったので
今後マイル重賞では無視出来ない存在になるでしょう。

3着は内を突いたフルーキーが入りました。

毎回好走はしますが、もう一歩足りないですね。
瞬発力という点においても乏しく
もう少し前目での競馬をしてみるといいかもしれません。

惜しかったのは4着のシャイニープリンス

道中抜け出すところがなく、エンジンのかかりが遅くなりました。
好枠だったので、先行していればきっと勝ち負けになったでしょう。

パワータイプで中山が向く馬なので、中山の重賞になったら
もっと高いパフォーマンスを見せてくれるでしょう。

エキストラエンドは馬場で持ち味を殺されました。

ディープ産駒らしいスピードタイプで
パンパンの良馬場ならもっといい走りが出来る馬です。

あとは最近スタートが悪めなので、
GIで戦うにはその辺りの改善は必須でしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。